接客英語のミカタ

『IU』の評判は?翻訳機に必要な機能とオススメの最新製品を解説

「IUという翻訳機の評判について知りたい」
「IUを購入しようか迷っていて、他の翻訳機についても知りたい」

翻訳機といっても種類はさまざまで、機能も機種ごとに異なります。

この記事では、翻訳機IU(アイ・ユー)の値段や対応言語数などの特徴や、翻訳機を選ぶ際の参考となる翻訳機にあって欲しい機能最新のオススメ翻訳機について解説していきます。

翻訳機『IU』の特徴|メリットとデメリット

IUは「makuake」というクラウドファンディングサイトで資金が集められ、台湾の開発者がプロトタイプの完成まで2年も費やした翻訳機です。ここではIUの特徴について、メリットデメリットに分けて説明します。

翻訳機『IU』の2つのメリット

翻訳機の2つのメリット

超小型で最軽量の翻訳機

IUのメリットとしては、「3cm四方・高さ3.5cm・34g」という超小型の翻訳機である事が挙げられます。

手のひらサイズなので、首からかける事も可能で気軽に持ち運びする事ができます。

外国人とコミュニケーションが取りやすい双方向翻訳

翻訳機には、翻訳が「一方向」か「双方向」かの2種類があります。

IUは、こちらの言葉だけでなく相手からの言葉も翻訳してくれる「双方向翻訳」なので、コミュニケーションも取りやすいです。

一方向だと、こちらが質問したことは翻訳してくれても相手からの返事は翻訳してくれません。

翻訳機『IU』の3つのデメリット

デメリット

スマホとの接続が必要で利用しづらい

IUを使うにはスマホの専用アプリと接続する必要があります。

IUの使い方
  1. スマートフォンに専用アプリをダウンロードする
  2. スマートフォンとIUをBluetoothで接続する
  3. スマートフォンの専用アプリで翻訳したい言語を設定する
  4. ボタンを押し合図の後に、IUに向かって話しかけると翻訳される

このように、IUは他の翻訳機と比べて翻訳をするまでに手間と時間がかかります

さらにIUを使用中はスマホを使う事ができない事も不便な点の1つです。

最新の翻訳機と比べて対応言語数が少ない

IUの対応言語は20言語です。英語や中国語といったメジャーな言語はもちろんのこと、タイ語やポルトガル語、さらにはベトナム語などマイナーな言語までさまざまです。

IUの対応言語
アラビア語/ギリシャ語/デンマーク語/フランス語/ドイツ語/韓国語/インドネシア語/中国語/イタリア語/英語/日本語/ベトナム語/ロシア語/スペイン語/スウェーデン語/ヒンディー語/タイ語/ポルトガル語/広東語/トルコ語

「ili(イリー)」という翻訳機は英語、中国語、韓国語の3言語しか翻訳してくれませんが、「POCKETALK(ポケトーク) W」という最新の翻訳機は74言語も対応しています。

翻訳機を利用する時に一番避けたい事は相手の言語が対応していない事なので、できるだけ対応言語数が多い翻訳機がオススメです。

翻訳に時間がかかり、長文翻訳も苦手

IUは、公式ページに「操作レスポンスに少し時間がかかる」「長文の翻訳は苦手」と記載されています。

翻訳スピードも、長文の翻訳も翻訳機としては必要な機能なので、まだ成長途中の製品である事が分かります。

【購入する前に確認すべき】翻訳機に必要な3つの機能

翻訳機 機能
ここまではIUの機能について説明してきましたが、情報が多すぎると「結局、何が翻訳機には重要なの?」と感じると思います。

なので、ここでは翻訳機選びで本当に見るべき3つのポイントについてご紹介します。ぜひ参考にして、翻訳機選びに役立ててください。

【翻訳精度】長文翻訳ができるかどうかが重要

まず重要なのが、長文翻訳に対応するかどうかです。会話するときに長文翻訳ができないと、うまく会話が成り立たないこともあります。

翻訳機の機種によっては、ワンフレーズのみ翻訳してくれるものもありますが、できれば長文もしっかり対応してくれる翻訳機を選ぶことをおすすめします。

【対応言語数】多いほど利用できる機会が広がる

先ほども説明しましたが、対応している言語数も翻訳機選びでは重要な要素です。

対応言語が多いほど利用できる機会は多くなるので、それぞれの翻訳機でどこの国の言語に対応しているのか、しっかりと確認しておきましょう。

【翻訳方向】双方向翻訳で円滑に会話ができるか

翻訳してくれる方向が一方向なのか、それとも双方向なのかもしっかり確認しておきたいところです。

双方向であればこちらの言葉だけでなく相手からの言葉も翻訳してくれるので、会話も発展しやすいです。双方向に翻訳ができれば会話の幅が圧倒的に広がるでしょう。

では、これらの機能を満たす翻訳機はあるのでしょうか?

それは「POCKETALK(ポケトーク) W」です。ここからは、「IU」と比較しながら「POCKETALK W」の説明をしていきます。

【比較して確認】翻訳機なら『IU』より『POCKETALK W』がオススメ

先ほどもご紹介しましたが、翻訳機の中で最もおすすめしたいのが「POCKETALK(ポケトーク) W」です。

先ほど紹介した機能だけでなく、他の翻訳機にはないような機能も数多く持っています。

「IU」と「POCKETALK W」の比較
機能、スペック IU POCKETALK W
翻訳精度
=長文の翻訳
苦手 得意(理由は下記で説明)
対応言語数 20言語 74言語
翻訳方向 双方向 双方向
価格 16,500円(税込) グローバル通信あり:29,880円(税別)
なし:24,880円(税別)

「POCKETALK W」は常にオンライン上の最新の翻訳エンジンにアップデートされているので、翻訳精度に関しては特に安心できます。

POCKETALK Wの特徴について
  1. 翻訳精度が高く、長文翻訳も得意
  2. 【業界最大数】対応言語数が74言語
  3. 双方向翻訳により会話が円滑になる
  4. 会話の履歴を1万件保存する事ができる
  5. 翻訳結果などのテキストが画面に表示される
  6. お気に入りのフレーズを登録し、いつでも表示できる

料金の面では「POCKETALK W」の方が高いですが、機能の面では翻訳機に必要な機能だけでなく便利な機能も備わっている「POCKETALK W」がオススメです。

POCKETALK Wについて詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてください
ポケトークの評判はいい?翻訳機の特徴と接客業に便利な機能を紹介!

POCKETALK WのHPを見る

まとめ|『IU』も含めて翻訳機選びは慎重に

ここまで、IUの特徴や翻訳機にあって欲しい機能についてご紹介しました。改めて、翻訳機選びで確認しておきたい機能をおさらいすると、

  • 長文翻訳ができるか
  • 対応言語数が多いか
  • 翻訳方向が双方向か一方向か

が挙げられます。

これらの項目から考えると、「IU」より「POCKETALK W」の方が翻訳機として優れている事がわかります。

翻訳機は安い買い物ではないので、じっくり検討して自分にあった翻訳機を選びましょう。

POCKETALK Wを見てみる

TOP