接客英語のミカタ

Langie 翻訳機の魅力は?その使い勝手についてご紹介

海外に行く際、「スムーズに意思の疎通を図りたい」「単語ではなく、文章で話をしたい」「英語以外の言語にも対応しているものが欲しい」このような考えを持っている方も多いと思います。

そんな人の悩みにピンポイントで応えてくれるのが、翻訳機「Langie(ランジー)」です。

この記事ではLangieの機能的な特徴を解説するとともに、翻訳機にあって欲しい機能をもとに選んだそのほかのおすすめの翻訳機もご紹介します。

Langie 翻訳機の特徴

世の中にはたくさんの翻訳機がありますが、その中でも大々的に取り上げられたのが、Langie 翻訳機(単純に「Langie」と呼ばれることもあります)です。

これは2018年の3月9日に国内での販売が開始された商品で、一気に有名になりました。その理由は、Langie 翻訳機の持つさまざまな特徴にあります。

音声での自動翻訳ができる

翻訳に関係する道具を探すとき、まずネックになるのが、「打ち込み時間」です。相手が言った言葉を自分で打ち込む(あるいは相手が伝えたい言葉を相手が打ち込む)と、会話のテンポが非常に悪くなります。

しかしLangie 翻訳機の場合、集音能力の高いマイクとスピーカーを使い、音声での自動翻訳を行うことができるようになっています。

52言語に対応

翻訳機は今や、英語の翻訳に対してだけ使われるわけではありません。さまざまな国の言語にも対応していることが求められます。

Langie 翻訳機の場合、オンラインならばなんと52言語に対応。オフラインでも12言語に対応しています。

グループ翻訳ができる

さらに、Langie 翻訳機ではグループ翻訳も可能です。複数台を接続することによって、1人が話したことを、複数の言語に換えて伝えることができるのです。

翻訳機にあって欲しい機能は何?

このように、非常に優秀なLangie 翻訳機ですが、ここには「翻訳機に求められる機能」を知るためのヒントも隠されています。対応言語の多さや、正確な聞き取り能力などがその最たるものです。

しかしそれ以外にも、求められる要素があります。

長文翻訳

私たちが自然な会話をしようとするとき、それはほぼ必ず長文での会話になります。

例えば、「私は明日○○ホテルに行き、××さんと昼食をとり、その後で再度▽▽社に赴き、そこで先方様と新製品に関する会議を行います」などです。

これはたしかに、「私は明日○○ホテルに行きます。××さんと朝食をとります。次に▽▽社に行きます。そこで、先方様と新製品に関する会議をします」でも通じることは通じます。

しかし、人はほとんど無意識にある程度長い文章を喋っています。ごく自然な会話を翻訳しようとするならば、このような長文にもしっかり対応できなければなりません。

対応言語数

先ほど挙げた翻訳機の例を出すまでもなく、「対応言語数の多さ」は翻訳機に求められる非常に大きな要素です。英語や中国語は商談の中心となる言語ですが、ほかの国の言語(例えばイタリア語など)も必要となることがあります。

また、「かなりマイナーな言語なので、言語教室(英会話教室などに代表される、外国語を学ぶための教室)などもほとんどない」というような国の言葉の意味を知るために、翻訳機を必要とする場合もあります。

翻訳方向

「長文の翻訳が得意であること」に加えて、もう1つ重要なのが、「相手の言葉も正確に翻訳してくれるかどうか」という点です。

今よりずっと以前の翻訳機は、英日の翻訳であってさえその精度は60パーセント程度でした。しかし現在では、長文でも正確に翻訳をしてくれる翻訳機も出ています。

また、自分が言った言葉を外国語に換えて伝えてくれる機能だけでなく、相手が言った言葉を日本語に換えてくれる機能もついた翻訳機も売り出されています。

この2つの機能を備えた翻訳機が「POCKETALK(ポケトーク)W」です。

翻訳機で一番いいのはPOCKETALK W

POCKETALK Wは手のひらサイズながら、非常に有能な翻訳機としてその名が知られています。その理由は、POCKETALK Wの持つ特徴にあります。

長文翻訳が得意

POCKETALK Wは、複雑な長文での会話を翻訳することが得意な翻訳機です。クラウド上でその処理を行うため、翻訳精度が非常に高いという特徴を持っています。

端末だけでは難しいような高度な処理を行うことができ、一般社団法人日本翻訳連盟加盟の大手翻訳会社の第三者評価(2017年10月時点)によると、その精度は5点満点中4.2点以上と高得点をマークしています。

対応言語数は74言語

POCKETALK Wの中で最も大きな特徴は、なんと74言語に対応しているという点です。

中国語や英語はもとより、テルグ語やスンダ語というようにほとんど聞いたことがないような言葉まできれいに翻訳(出力はテキスト)してくれます。これが1台あるだけで、海外旅行や海外の方との商談が格段に楽になるでしょう。

双方向

会話を自然に行いたいと考えたとき、「自分の言った言葉を相手が受け取り、相手の言った言葉を自分が受け取る」という作業をスムーズに行わなければなりません。

POCKETALK Wの場合はこの2つを1台で行うことができ、リアルタイムでの会話が可能です。しかも、長文の処理に長けているため、より自然な会話をすることができます。

Langie翻訳機の特徴と欲しい機能から選ぶ本当におすすめの翻訳機

現在はたくさんの翻訳機が出ています。自分のニーズにより適した翻訳機を選んでいただくために、最後にこの記事のポイントをまとめます。

  • Langie 翻訳機はマイクとスピーカーを使った音声自動翻訳、52言語に対応、複数台を接続するグループ翻訳などの機能が魅力
  • 翻訳機に最も求められる機能は、対応言語の多さや長文翻訳の正確さ、使用時のスムーズさと利便性
  • 翻訳の精度や翻訳の双方向性といった機能を満たすPOCKETALK Wもおすすめ

ぜひじっくりと検討し、ニーズにあった理想の翻訳機を見つけてください。
POCKETALK Wの詳細をみてみる

TOP