接客英語のミカタ

AI機能の翻訳機「ez:commu」の特徴は?|価格・言語数・操作性

翻訳機の購入を考えているなら、「ez:commuのAI機能ってどんな感じか知りたい」、「おすすめの翻訳機が気になる」という人も多いでしょう。

この記事では、翻訳機に求められる基本的な機能に加えて、ez:commu(イージーコミュ)の機能や評判、その他の翻訳機との違いや使い勝手に関する情報をまとめてみました。

また、翻訳機を買おうか迷っているとき、翻訳機の活用方法を広げたい場合におすすめな情報をあわせて紹介します。

ez:commu 翻訳機の特徴 

同時に4つの翻訳エンジンにアクセスできることでも知られる「ez:commu」は、AIつまり、人工知能によって精度を高めた翻訳機といわれています。どんな特徴があるのかを紹介します。

価格

現在amazonにて販売されている「ez:commu」の価格は24,800円(税抜)となっています。

タッチパネルのディスプレイが使いやすいともいわれているので、年齢を問わず活用しやすいタイプの翻訳機といえます。シンプルな構造やタッチ画面の色分けも使いやすい理由のひとつかもしれません。

対応言語数

ez:commuは32か国語対応で、多くの国や地域での会話が楽しめます。翻訳機の中には、翻訳文章の精度や翻訳までの時間を短縮するために、3か国語もしくは数か国語に留めている機種も少なくありません。

しかし、言語数の多さは翻訳機ならではの魅力のひとつでもあるため、できる限り対応言語数の多い翻訳機のほうが活用しやすいでしょう。

また、2人以上での複数の人とのグループ会話も可能なタイプですので、一度に大勢の人との翻訳とコミュニケーションが楽しめます。

シンプル設計と操作性

ビジネスでもプライベートでも、海外に行くときや日本で外国人と話すときでも、使いやすさは翻訳機に求められる機能のひとつです。

ez:commuはタッチパネルディスプレイを採用し、老若男女問わず幅広い年齢層に使いやすいようメニューを色分けしています。また、ディスプレイに映し出される翻訳結果は、視覚的にわかりやすいデザインでシンプルな設計となっています。

また、翻訳機を手にした時、しっくり手に収まるラウンド形状で、大きさ・重さ・質感にもこだわり、傷がつきにくく、滑らかな質感のガラスをディスプレイに使用しているので、操作性にも長けています。

しっかり使いこなすことができて、いざというときにすぐに活用したい翻訳機は、シンプルに設計されているほうがよいということも大切なポイントです。

翻訳機にあって欲しい機能は何?

グローバル化が進むにつれて、外資系企業に勤務する人や海外からのお客様が増加傾向にある日本。スムーズな英語や外国語を話せなくても、会話でコミュニケーションを図りたいところ。

外国語を母国語とする外国人との会話には、長い文章の翻訳や対応言語数などの機能が備わっている翻訳機がおすすめです。

長文翻訳

英語を含め外国語を使って現地の人や外国人と会話するとき、単語をつなげた会話だけでは満足のゆくコミュニケーションは楽しめません。どこに行きたいか、何を買いたいかというのは、単語をつなげるだけでも理解することは可能かもしれません。

しかし、わかりやすく相手に伝わる会話をしたいときには、長文に対応した翻訳機能が重要です。

対応言語数

せっかく翻訳機を購入するなら対応言語数が多い機種を選びたいところです。日本で販売されている翻訳機には、多くの国で第2外国語にされている英語をはじめ、中国語や韓国語が含まれていますが、機種によってはこの3か国語しかない翻訳機も少なくありません。

ですが、例えば旅先で翻訳機を使った時、英語で通じると思っていたら相手の人が母国語しか理解できなかったということも多いものです。そのため、翻訳機にはできる限り多くの言語や、多くの地域で話される言葉が含まれているものが活用しやすいツールといえるでしょう。

ez:commu以外でおすすめの翻訳機はPOCKETALK(ポケトーク)W

ここでは、上述した翻訳機にあって欲しい機能を持つPOCKETALK Wについてご紹介していきます。

長文翻訳が得意

単語やフレーズだけなら、記憶することも話すことも可能ですが、言葉がぶつ切りになってしまうと外国人には意思を伝えにくいでしょう。

POCKETALK Wは、言語毎にインターネット上のWEBサービスを利用して翻訳されるため、従来のオフラインの翻訳機では実現できない高度な処理を可能としており、長文でもしっかり翻訳してくれます。

対応言語数は74言語

翻訳の対応言語数が多い翻訳機も増えてきましたが、POCKETALK Wは74言語の翻訳が可能な機種です。ひとつの言葉をさまざまな言語で学んだり、イベントや状況に応じて言語を選択したりすることもできます。

そのためPOCKETALK Wは、外国に行く場合や外国人と接するときだけでなく、外国語の学習がしやすいタイプの翻訳機といえます。

双方向翻訳

双方向、つまり、話す側と聞く側の両者の言語での翻訳が可能なPOCKETALK Wを使用すれば、まるで間に通訳者がいるかのように会話を進めることができます。

一方向だけの翻訳機の場合、会話の一文ごとに入力したり、相手の話に合わせて調整が必要なため、会話をするには一苦労です。

双方向の機能があって、互いに翻訳機に向かって話すだけで会話が進められるという特長は魅力的なコミュニケーションツールといえます。

ビジネスにもプライベートにも活躍する翻訳機を選ぼう!

翻訳機は意思を伝えたりコミュニケーションを図ったりするのに効果的なツールです。
最後にez:commuについておさらいです。

  • ez:commuは、精度の高い翻訳を実現するAI機能を搭載している。
  • 言語数は32か国に対応している。
  • 2人から複数人でのグループ会話が可能。
  • シンプル設計で操作性がよく、年齢問わず使用しやすい。

ez:commuは、話題性のあるAI機能とシンプルで使いやすさを兼ね備えているのは魅力のある翻訳機といえます。とはいえ、やはり74言語の翻訳機能や長文翻訳、双方向の翻訳機能を兼ね備えた人気の翻訳機POCKETALK Wも見逃せません。

機能や性能のバランスのよい「POCKETALK W」も使ってみたい翻訳機として候補にしておきたいですね。
POCKETALK Wの詳細をみてみる

TOP