接客英語のミカタ

人気のオフライン翻訳機は?選ぶ際の注意点2つとおすすめの端末紹介

「通信環境に左右されず翻訳できるオフライン翻訳機ってどんなのがあるかな」
「オフライン翻訳機のメリットとデメリットって何だろう」

ビジネスやプライベート旅行で海外へ行く機会があったり、勤務中に外国人と話す機会があったりすると、海外での通信環境を気にせずにオフラインで使える翻訳機を知りたいという方も多いものです。

ここでは実際に、オフライン翻訳機の紹介とオフライン翻訳機を選ぶ際の注意点を解説していきます。

オフラインで使える人気の翻訳機2機種

オフラインで使える人気の翻訳機は「ili(イリ―)」と「Langie(ランジー)」が主流です。この2機種がどんな特徴を持っているかそれぞれ紹介していきます。

1.オフラインで使える翻訳機「ili(イリ―)」

翻訳エンジン搭載型で、インターネットの接続が不要な翻訳機「ili(イリ―)」は、Wi-fiの接続いらずで起動や翻訳速度も速いことで知られています。

対応言語は英語・中国語・韓国語の3言語です。

詳細
価格:19,800円(税抜き)
対応言語:3言語
双方翻訳:不可
重さ:42グラム

2.オフラインで使える翻訳機「Langie(ランジー)」

この翻訳機はオンラインでもオフラインでも使用可能です。対応言語も英語・ドイツ語・フランス語・イタリア語・スペイン語・ポルトガル語・ロシア語・中国語・韓国語・インドネシア語・オランダ語とかなり幅広いです。

ただしオフライン翻訳ではお気に入り機能と履歴機能は使えないことを認識しておきましょう。

詳細
価格:29,800円(税抜き)
対応言語:20言語
双方翻訳:可
重さ:34グラム

オフライン翻訳機を選ぶ際の注意点2つ

ネットの通信環境が悪い場所や通信が困難な国や地域で翻訳機を使いたい場合、さらには無線ルーターが急に故障した場合などはオフライン翻訳機はとても便利です。

しかしオフライン翻訳機を選ぶにあたっての注意点も2つあります。その2つとは何か詳しく紹介していきます。

1.翻訳機はオフラインで使うと翻訳精度が低め

翻訳機は、現地の言語や外国人向けの会話で、接客やビジネスに使う場合なども含めて、できる限り正確な翻訳や説明ができるような精度が求められます。

しかし、オフラインにすると、言語や例文が限られたり言葉が短い文章しか翻訳できなかったり、精度が低く感じられることもあるでしょう。

2.言語数が少なく、長文翻訳も難しい

オンラインの場合には、他言語の翻訳が可能でも、オフラインにすると言語数が数か国語に限定される機種が少なめです。例えば「ili(イリ―)」は対応言語が3か国語と少ないです。

さらに、長文での翻訳が難しくなり、単語やフレーズの翻訳が中心となります。

お客さまの接待や空港やホテルでの対応や説明は、一般的なものであればガイドブックで十分かもしれませんが、尋ねたり尋ねられたりするなら、できる限り詳細な説明ができることがふさわしいでしょう。

そのためにも、オフラインであっても長文の翻訳が可能であることは、翻訳機選びの重要なポイントになるのです。しかし、オフラインの翻訳機は長文翻訳に向いていないものが多いので、やはりオンライン翻訳機の方がおすすめです。

オンライン翻訳機がおすすめである2つの理由

1.翻訳機はオンライン接続で使うと精度が高い

翻訳機でも、SIMでネットワークに接続しクラウド上の複数の言語エンジンが翻訳を担うことで翻訳機能を高めることが可能になり、短文はもちろん、長文の会話や翻訳がスムーズになったり、翻訳の精度を高めたりします。

ちなみにSIMとは、通信カードとしてスマートフォンや携帯電話などにも使用され、通話や通信が可能な小型ICカードです。

2.オンラインで使う翻訳機なら多くの言語をカバーできる

翻訳機の中には、オンライン接続により翻訳の精度を高めている機種があります。その代表的な機種として「POCKETALK(ポケトーク)W」があります。

このPOCKETALK Wは74の言語に対応している上にSIMカードでのネット接続にもWi-Fi接続にも対応しているため、端末上のエンジンもしくはクラウド上のエンジンを使いながら翻訳でき、精度の高いコミュニケーションをとることができます。

オンラインの翻訳機でおすすめの機種とその理由

先述した通り、オンラインの翻訳機の方が対応言語が多く、端末上のエンジン、もしくはクラウド上のエンジンを使いながら翻訳できるので精度の高いコミュニケーションが取りやすくなることをお伝えしました。

そんなオンラインの翻訳機でおすすめの機種はPOCKETALK Wです。

オススメの理由はいくつもありますが他の翻訳機と比較するなかで一番おすすめできる理由は

「どんな国・地域でもスムーズでより精度の高いコミュニケーションをとることができる」から

その理由はこの2つです。

  • 対応言語が74言語と多いから
  • ネットワークを利用することによって翻訳精度が上がるから

オフライン翻訳機だとクラウド上のエンジンを使いながらの翻訳ができないため翻訳精度がどうしてもオンライン翻訳機より悪くなったりします。

さらに対応言語数をよく見ると3言語対応と使える国や地域が限定される場合があったりします。加えてオンライン翻訳機の悩みである通信環境に左右されやすいという悩みもこのPOCKETALK Wであれば心配いりません。

POCKETALK Wなら対応言語も74言語と多く、SIMもWi-fiもどちらも対応しており、ネットワーク環境に左右されづらいため、どんな国、どんな場所でもより正確で普段の会話に近いようなコミュニケーションをとることができます。

そのため旅行に行く人や留学に行く人はもちろん、海外の出張に行く人にもおすすめです。例えば田舎の地域でなまりの強い英語を聞き取りたいときや、英語以外の他言語を聞き取りたいといったシーンで役立ちます。

その他、POCKETALK Wについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。
ポケトークの評判はいい?翻訳機の特徴と接客に便利な機能を紹介!
POCKETALK Wをみる

自然な会話を楽しむならオンライン翻訳機

ここでもう一度大切なことをおさらいしておきましょう。

  • 「ili(イリ―)」や「Langie(ランジー)」などオフラインで使用可能な翻訳機もある。
  • オフライン翻訳では翻訳の精度や翻訳言語数、加えて長文翻訳にはあまり向いていない傾向がある
  • オンライン翻訳ならネット上のエンジンを使った精度の高い翻訳が可能であり加えて多くの言語もカバーされている

このようにオフライン翻訳機は通信環境を気にしなくても利用できる点がメリットなのですが、その分、ネットワーク上のエンジンを使った翻訳ができないため精度が下がってしまいやすく、対応言語も少な目です。

利便性を考え、どんな言語も自然に翻訳してくれ、より自然な会話を楽しみたいならオンライン翻訳機、特にPOCKETALK Wが良いです。是非、旅行の時も留学の時も出張の時も活用してみてはいかがでしょうか。
POCKETALK Wをみる

TOP