接客英語のミカタ

イヤホン型翻訳機のメリットと商品を使い勝手の違い2つより解説

「翻訳機はより自然体で会話を楽しみたいけどどんな商品があるのかな」
「持ち運びに便利なものがいいな」

これらのニーズに応えるかたちで、様々なメーカーがイヤホン型の翻訳機の開発を始めています。しかしイヤホン型翻訳機には使用するにあたってさまざまな注意点があるのも事実です。

ここではイヤホン型翻訳機の紹介とそのメリットと注意点について詳しくご紹介します。

イヤホン型翻訳機の2つのメリット

イヤホン型の翻訳機は、さまざまなところで開発が進められています。そんなイヤホン型翻訳機のメリットは大きく分けて2つあります。

1.アイコンタクトを取りながらスムーズに会話できる

従来型の翻訳機とは異なり、耳につけて使うことができるため、翻訳内容を聞きながらすぐに返答することができます。翻訳しているという雰囲気が出ないため、より自然なかたちで会話ができるでしょう。

2.アプリを使って行える

イヤホン型翻訳機の場合、スマートフォンやパソコンなどを使って翻訳する形を前提としています。現在では当たり前のようになったスマートフォンを利用して翻訳ができるということで、期待も高まっています。

イヤホン型翻訳機の3つの注意点

イヤホン型翻訳機には、相手の目を見ながら翻訳したものを話せるなど、従来の翻訳機にはない魅力があるとされていますが、まだまだ注意点もあります。具体的にどのような注意点があるのか3つの主な注意点をご紹介します。

1.イヤホン型(コードレス)翻訳機は実用化されているとは言い難い

現在コードレスのイヤホン型の翻訳機は一部商品化されているものの、本格的な実用化には至っていない状態です。

今現在もクラウドファンディングなどで資金を募っていたり、開発を行っていたりする最中の商品が多いのです。

例えば、大々的に打ち出されたグーグル翻訳アプリなどを使った「Pixel Buds」などもスマホをつなぐコードはないものの、左右のイヤホンを結びつけるコードがついているためコードレス型とはいえません。

2.対応言語が少ない

翻訳機の中にも、対応言語が少ないものはありますが、非常に多くの国の言葉を訳すことができる翻訳機も選べるのに対してイヤホン型翻訳機のWT2の場合は対応言語が現在9か国語とまだ決して選択肢が多いとはいえません。

3.使えるケータイの機種制限がある

現在開発中のイヤホン型翻訳機の中には、相手にもイヤホンをつけてもらう必要があるものや言葉の聞き取りが難しいものもあります。

私たちがイヤホン型と聞いて思い浮かべる、小型のコードレスタイプで相手に負担を掛けずリアルタイムでまるで翻訳機を使っていないかのように見える「イヤホン型翻訳機」を手に入れられるのは、まだ先になりそうです。

実用性ならイヤホン型翻訳機以外の翻訳機がおすすめ

多くのメーカーで開発が進んでいる翻訳機はそれぞれ特徴やメリットを持っていますが、中でも「POCKETALK W」は平均0.6秒のスピードで高性能の翻訳を実現してくれるため、正確かつスムーズに相手との対話を楽しむことができます。

そのためイヤホン型の翻訳機ではないものの持ち前のスピードと翻訳性能の高さで、自信を持って相手とアイコンタクトを取りながら自分で直接会話をしているかのようなコミュニケーションを実現することができます。

翻訳した音が響くのは恥ずかしいと思う方もいるかもしれません。

しかし、イヤホンだと翻訳されたものが相手の意図していないように発音されていた場合、相手が翻訳内容を確認できないためスムーズにコミュニケーションを取ることの難易度が上がることを念頭に入れておきましょう。

他にも「POCKETALK W」について詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。
ポケトークの評判と5つの特徴を合わせて紹介

翻訳機なら「POCKETALK(ポケトーク)W」がおすすめ

ここでもう一度大切なことをおさらいしておきましょう。

  • 現在販売されているイヤホン型翻訳機はコード付きで、扱い方も難しい
  • 加えて対応言語が少なく翻訳精度が低い
  • さらに使えるケータイの機種に制限が多い
  • POKETORK Wは翻訳スピードが0.6秒と早く翻訳精度に優れている

イヤホン型翻訳機なら翻訳された音声が周りに響かないため恥ずかしさは軽減されますが、その代わりに翻訳精度が低い状態でイヤホンのみ翻訳内容が聞こえない状態になるため相手とコミュニケーションを取る上でリスクもあります。

安心して精度の高い会話ができるようにPOKETALK Wを利用してみてはいかがでしょうか。
POCKETALK Wを見る

TOP