接客英語のミカタ

コンビニの接客で今日から役立つ覚えておきたい英語表現

近年、外国人観光客が増加しているため、コンビニで働いていても外国人に接する機会が増えているのではないでしょうか。「簡単な接客ぐらいもうちょっと英語でしてみたい」と考えているスタッフの方も少なくないと思います。

そこで今回の記事では、レジでの短い言葉でも“おもてなし”の心が伝わる基本の英語表現をご紹介します。

コンビニでの接客の基本フレーズ|入店客への対応英語

まずは基本の挨拶です。多くの外国人観光客は日本を訪れると日本のコンビニの接客の質に驚きます。ハキハキとした挨拶を聞くだけでも気分が良くなります。英語でも基本の挨拶をしっかり覚えておきましょう。

Hello. Welcome!
こんにちは。いらっしゃいませ!

“Hello”だけでも、もちろん挨拶になりますが、親しみを込めて“how are you doing?”まで付けると、おもてなしの気持ちが伝わりやすくなります。

コンビニでの接客の基本フレーズ|レジ対応で使える英語

コンビニでは基本レジでの接客がメインになります。レジでの現金のやりとりなどは、日本の通貨に慣れていない外国人観光客にとっては意外と難易度が高いので、基本の英語表現でサポートできるようにしましょう。

The total comes to 4,150 yen.
全部で4,150円になります。
Do you have a point card?
ポイントカードをお持ちですか。
Do you use part of the point. Or do you reservoir.
ポイントの一部をご利用になりますか。それともためますか。
Would you like to pay in cash? Or you like to pay by card?
現金ですか、それともカードがよろしいでしょうか?
Please sign in here.
こちらにサインしてください。
Here is your change and receipt.
お釣りとレシートでございます。
Thank you for coming. Good night / good a day!
ご来店ありがとうございました。おやすみなさい/よい一日を!
Please come again soon.
またのご来店をお待ちしています!

朝や昼などコンビニが混む時間帯に外国人観光客が会計に手間取ると、後ろに長い列ができる原因になります。しっかりと基本の英語表現を理解しておくと、レジの回転率向上にもつながります。

コンビニでの接客が不安なら翻訳機を導入すると良い

コンビニで働くスタッフが覚えておきたい基本の英語表現をご紹介しましたが、接客業ではどうしてもイレギュラーな会話が発生します。

例えば、商品名を外国人観光客から英語で聞かれて、なかなか聞き取れないこともあるでしょう。そんなイレギュラーな状況に対処するために、外国人観光客が多く来店するコンビニでは、翻訳機を設置するところが増えています。

たくさんある翻訳機の中から、接客業で使いやすい翻訳機の選び方とメリットをご紹介します。

起動の早さ

コンビニでの会計に時間がかかってしまうと、他のお客様の待ち時間が増えたり、レジ前の列が長くなったりする原因になります。使いたい時にすぐに使用できる起動の早さは大きなポイントになります。

会話ができる

外国人観光客が「欲しい商品が見つからない」と質問してきた時も、双方向の翻訳に対応している翻訳機なら自然な会話の仕方で翻訳してくれるので、相手の話している英語が聞き取れなかったり、英語でどこにあるか伝えられなかったりした時にも便利です。

値段

現在、接客業など業務用にも使用できる翻訳機の相場は、大体1万円後半から5万円前後です。高く感じるかもしれませんが、一度の購入でずっと使えて、レジでの回転率向上にも役立つのであれば、決して高い買い物ではありません。

ちなみに下記でご紹介する「POCKETALK(ポケトーク) W」は高性能ですが、24,800円(税抜)〜とリーズナブルでコストパフォーマンスに優れています。

コンビニ接客での翻訳機ならPOCKETALK Wがおすすめ

コンビニを含めた店舗での翻訳機の設置が進んでいますが、特に接客業の方に選ばれているのが「POCKETALK W」です。接客業と相性の良い高性能な機能が評価されているようです。

POCKETALK Wの特徴についてご紹介します。

待機状態からの起動が早い

POCKETALK Wは待機状態から電源ボタンを押すだけですぐに使用できます。そのためお客様を待たせることなく使用できます。また使い続けたとしても7時間使用が可能なバッテリーなので、バッテリー切れの心配なく1日の業務で使用できます。

また翻訳機によっては長文翻訳に対応していないものもありますが、POCKETALK Wはしっかり対応しているので「こちらのクレジットカードは対応していないので、別のクレジットカードか現金でお支払いいただけますか」といった長文でもスムーズに翻訳してくれます。

対応言語数は74言語

日本政府観光局によると、英語圏以外のタイやベトナムといった東南アジアからも多くの外国人観光客が日本を訪れています。中には英語が話せない人も少なくありません。

翻訳機の中には英語・中国語・韓国語と3言語程度しか対応していないものもありますが、POCKETALK Wなら74言語に対応しているので、タイ語やベトナム語はもちろん、日本を訪れるほぼすべての外国人観光客の言語に対応が可能です。

双方向

POCKETALK Wが接客業の方に人気の理由の一つが、双方向翻訳に対応していることです。コンビニで相手が困っている時に、相手の話すことも日本語に翻訳してくれるので、スムーズな接客が可能になります。

コンビニの接客でも翻訳機があると安心

今回の記事では、コンビニのレジのスタッフが外国人観光客の接客で使える基本の英語表現をご紹介しました。コンビニでの接客は基本的にはレジでの会計だけなので、比較的覚えなければいけない表現は多くありません。

基本的には以下の2つのシチュエーションで使える英語表現を覚えておきましょう。

  • 気持ちよく買い物を楽しんでもらうための来店時の挨拶
  • 支払いがスムーズになるような会計時の英語表現

ただし接客業でイレギュラーな問題が起こることも多く、コンビニは商品数が多いので、例えばどこに特定の商品があるか聞かれたときのために、すべて英語名を覚えておこうと思うととても大変です。

また英語圏以外の外国人観光客も来店します。こうした状況でスムーズに接客するのには翻訳機があると安心です。

接客業で人気の高い「POCKETALK W」には次の3つのメリットがあります。

  • 対応言語数74言語でほとんどの外国人観光客に対応可能
  • 双方向の会話が可能で相手の話していることも翻訳可能
  • 長文の翻訳が可能でコミュニケーションがスムーズ

基本の英語表現を覚えたり、翻訳機を設置したりして、年々増加する外国人観光客への接客を向上させましょう。
POCKETALK Wの詳細をみてみる

TOP