接客英語のミカタ

焼肉店の接客で使える英語例文と機能に優れた翻訳機の紹介

海外から旅行客が集まりやすい焼肉店などの飲食店では、接客時に英語が必要となる場面も少なくありません。「すぐに対応できるように接客時の英語を知っておきたい」と考えている店員さんも多いでしょう。

そこで今回は、焼き肉店で接客する際に使用する英語例文を、「入店時、注文時、会計時」に分けてご紹介します。

また、イレギュラー対応やもっと多くのコミュニケーションを取るのに役立つ翻訳機についてもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

焼肉店での接客の基本フレーズ|入店客への対応英語

日本のレストランや和食は、海外のニュースや外国人の間でも話題になりやすく人気があります。焼肉店や寿司店などレストランは旅行や出張で来た外国人の集まりやすいところ、訪れやすい場所になります。

こうした状況を考えると、焼肉店などで接客しているなら、英語や外国語を使う機会は多くなるでしょう。

Hello. Welcome!
こんにちは。いらっしゃいませ!
Do you have a reservation?
ご予約はありますか?
how many people?
何名様ですか?
Smoking or non-smoking?
喫煙席と禁煙席、どちらがよろしいですか?
All seats are taken now.
ただいま満席です。
I think that you wait about 20 minutes.
20分ほどお待ちいただくと思います。
This way, please.
こちらへどうぞ。
We will guide you to your seat.
お席までご案内いたします。

焼肉店での接客の基本フレーズ|注文時対応英語

焼肉店などで接客するときには、比較的ゆとりがあり、オーダーを受けるときなども英語での会話やコミュニケーションを楽しむ機会もあるかもしれません。

丁寧な対応で知られる日本の接客において、同じように丁寧な英語を使用するのはおすすめです。

以下のフレーズを練習してみましょう。

May I take your order?
ご注文をうかがってもよろしいでしょうか?
Here you will find a course menu of all-you-can-eat.
こちらが食べ放題のコースメニューでございます。
Time limit of seats will be 2 hours.
お席の制限時間は2時間となります。
Would you like something to drink?
お飲み物はいかがですか?
You can choose your favorite from this menu.
こちらのメニューからお好きなものをお選びいただけます。
Since the grill is very hot, please do not touch.
焼き網はとても熱いので、触れないでください。
Please make sure that the raw food is properly cooked before eating.
生の食材には必ずよく火を通してからお召し上がりください。
Please use the tongs when you bake.
焼くときはトングをご利用ください。
Do you have any additional orders?
追加のご注文はございますか?
It is sold out.
売り切れです。

焼肉店での接客の基本フレーズ|会計時に使える英語

食事を終えた後の会計の際に使用する英語例文を紹介します。おいしい食事と温かみのあるあいさつによって「また来たい」とお客様に思ってもらう可能性が高くなります。

ぜひ丁寧な英語や会話の仕方で、お客様に来店いただいた感謝の気持ちを伝えてみてください。

The total comes to 3,150 yen.
全部で3,150円になります。
Is your accounting you together, or Do you want to separate?
お会計はご一緒ですか、それとも別々にしますか?
Would you like to pay in cash? Or you like to pay by card?
現金ですか、それともカードがよろしいでしょうか?
Please sign here.
こちらにサインしてください。
Here is your change and receipt.
お釣りとレシートでございます。
Thank you for coming. Good night / good a day!
ご来店ありがとうございました。おやすみなさい/よい一日を!
Please come again soon.
またのご来店をお待ちしています!

焼肉店での接客が不安なら翻訳機を導入すると良い理由

ここまで、入店時・注文時・会計時における接客のフレーズを紹介してきました。これらを覚えて使えるようになれば、ある程度外国人のお客様の対応ができるようになります。

しかし、焼肉店は「肉の部位やサイドメニュー、調味料の種類が多い」ので、接客の基本フレーズを覚えても、十分な対応ができずにいるのが現状なのではないでしょうか。

そこで一台あると便利なのが「翻訳機」です。これがあれば

数多くある焼肉店のメニューを英語で覚えなくても、全てその場で翻訳・発音してくれます。

よく使用される接客の基本フレーズに加えて単語もすべて英語で覚えるのは大変です。また、肉の種類は沢山ありますから、お客様に詳しい説明を求められたときに英語で正確に答えるのも難しいですよね。

そのように思われる方は、ぜひ翻訳機の導入をおすすめします。

翻訳機の魅力は他にも沢山あります。こちらの記事を参考にしてみてください。
翻訳機の性能は良い?精度の高い翻訳機の選び方と人気の製品を比較!

次に、どの翻訳機がおすすめなのか説明します。

この記事では、数ある翻訳機の中でも焼肉店で働く方々に「POCKETALK(ポケトーク)W」を紹介していきます。

焼肉店の接客で使用する翻訳機なら「POCKETALK W」がおすすめ

これは2018年に発売されて以来、日本テレビや日経産業新聞、TBSラジオなど様々なメディアに取り上げられている、今話題沸騰中の翻訳機です。

焼肉店におけるこの翻訳機の最大の強みは、人混みでも人の声が認識しやすいノイズキャンセル機能を持つマイクを搭載していることです。

焼肉店や居酒屋は店内が騒がしいお店が多いです。せっかく翻訳機を導入しても、「周囲の雑音のせいでなかなか翻訳機が声を拾ってくれない…」なんてことがあっては困りますよね。

そのため、ここでは周囲がにぎやかな焼肉店でもしっかり性能を発揮してくれるPOCKETALK Wをおすすめします。

POCKETALK Wの特長はノイズキャンセル機能以外にもたくさんあります。より詳しい情報についてはこちらの記事を見てみてください。
ポケトークの評判はいい?翻訳機の特徴と接客業に便利な機能を紹介!

公式サイはこちらです。
POCKETALK Wをみてみる

接客には欠かせない英語もPOCKETALK Wでクリア

この記事では焼肉店における

  • 入店客へ対応するための英語接客フレーズ
  • 注文時の英語接客フレーズ
  • 会計時に使える英語接客フレーズ

をご紹介しました。

ただし、お客様からメニューに関する詳しい説明を求められるなどと、基本フレーズだけでは対応しきれない場面も少なくありません。

ぱっと話せる英会話を学んでおくことも大切ですが、あわせて翻訳機を用意しておけば、お客様への対応の幅がぐんと広がります。

数多くある翻訳機の中でも

  • 人混みでも人の声が認識しやすいノイズキャンセル機能を持つマイクを搭載している

これらの機能を備えたPOCKETALK Wは、接客に欠かせない翻訳機ですね。
POCKETALK Wをみてみる

TOP