接客英語のミカタ

電話での接客に英語を使う場合のポイントと基本フレーズ

レストランなどで仕事をする人の中には、「外国人のお客様に話しかけられたらどうしよう」「英語で接客なんて自信がない」と考える人が多いです。

面と向かって話ができればお互いなんとなく理解できても、顔の見えない電話での会話となればさらに難しさは増します。

いざというときに困らないよう、今回は電話で接客英語を使うときのポイントと役に立つ例文をご紹介します。

電話の接客英語の基本フレーズ

それでは早速、いざというときに困らないよう、様々な場面における英語での電話接客で使える英語の基本フレーズをご紹介します。

英語が話せる人に電話を取り次ぐとき

外国人のお客様から電話がかかってきた際、英語を話せる人に電話を交代してもらう場面もあるでしょう。電話を取り次ぐ際のフレーズは以下の通りです。

英語ができる人に代わります。
I'll call someone who can speak English.
少々お待ちください。
Please wait a moment
英語のわかる者に代わりますので、お待ちください。
Since instead to a person who understands English, please wait.
英語が得意ではありません。
I'm not good at English.
いま英語を話せる者がおりません。
There is nobody around who can speak English now.

自分で電話対応するとき

次に、電話を自分で受ける際の対応についてご紹介します。

電話を受ける

自分で電話を受けた際のフレーズは以下の通りです。

お電話いただきありがとうございます。
Thank you for calling.

また、自分の名前を名乗る際には、「My name is~」ではなく以下のように話します。

○○(店名や会社名) の●●(自分の名前)です。
Hello, ○○, ●● speaking.

その後に続く一般的なフレーズは次の通りです。

ご用件は何でしょうか?
What is your business?
お名前をおうかがいできますか?
Can I ask your name?

相手の会話が聞き取りづらい場合のフレーズも知っておくとよいでしょう。

もう一度おっしゃっていただけますか?
Could you say that again please
もう少しゆっくりお話しいただけますか?
Can you speak a little more slowly?

電話で予約を取るときの接客英語フレーズ|飲食店編

次に、レストランや居酒屋などの飲食店で使える接客英語フレーズをご紹介します。予約の流れに沿って見ていきましょう。

予約の流れに沿った接客英語

レストラン名を名乗る

お電話ありがとうございます。○○レストランです。ご用件は何でしょうか?
Thank you for calling. ○○ restaurant.

予約日と時間を聞く

ご予約日はいつをご希望でしょうか?
Which day would you like to make the reservations for?
ご予約のお時間は何時になさいますか?
What time would you like to make the reservations for?

予約人数を確認する

何名様ですか?
how many people?

予約者名を聞く

ご予約のお名前を教えていただけますでしょうか?
Would you tell us your name of your reservation?

連絡先を聞く

ご連絡先の電話番号を教えていただけますでしょうか?
Could you tell me the telephone number of your contact?

予約内容の復唱

予約内容を復唱いたします/確認いたします。
I will read back the reservation contents / I will check.

電話を切る際の挨拶

ご予約ありがとうございます。
Thank you so much for your reservation.
お客様のご来店をお待ちいたしております。
Customers of the visit us We will wait.

マニュアル通りにいかない時の対応

先に述べたように、マニュアル通りにいかないケースもあるでしょう。2つの場合のフレーズをご紹介します。

満席で予約が受付できない

申し訳ありませんが、空きがありません。
Sorry, but all tables are taken now.
満席でございます。
There are fully booked.

お客様からのご要望

お客様から様々なご要望が出てくることもあります。代表的なフレーズと返事は以下の通りです。

禁煙席を希望します。
I would like the non-smoking seat.

禁煙か喫煙かをこちらから聞く場合は

禁煙・喫煙どちらの席がよろしいでしょうか。
Smoking or non-smoking?
子供用の椅子をひとつ持ってきていただけますか?
Can you bring one chair for children?

お客様からのご要望にその場で応えられるならば、

ご用意しておきます。
Let me get it ready for you.
わかりました。
understood.
もちろんです。
of course.

などと答えましょう。
対応できるかどうか確認が必要な場合は、

少々お待ちください。確認させていただきます。
Please wait a moment. We will check.

確実に返事ができない場合は、

なるべくご希望に沿えるようにいたします。
We will do our best to meet your expectations.

と答えるとよいでしょう。

ここまで飲食店で使える接客英語フレーズをご紹介しましたが、電話での接客は飲食店においてだけではありません。

次はビジネスシーンでよく使用されるフレーズをご紹介していきます。

電話で担当者への対応をするときの接客英語フレーズ|ビジネスシーン編

ビジネスシーンでの英語接客では、担当者への電話の取り次ぎをしたり、不在の担当者の対応をすることが多いです。

こうした場面で使えるフレーズは以下の通りです。

電話取り次ぎ

担当者におつなぎいたします。
We will connect you to the person in charge.
ただいまおつなぎいたします。
Now we will forward you.

担当者不在の対応

◯◯はただいま席を外しております。
◯◯ is we have right now remove the seat.
◯◯はただいま他の電話に出ています。
◯◯ is right now has come out to the other phone.

伝言を預かる

担当者が不在などで電話に出られない場合、伝言を預かる際のフレーズは以下の通りです。

伝言を預かりましょうか?
Would you like to leave a message?

電話の最後には、以下のような言葉で締めくくるとよいでしょう。

後ほど折り返しお電話させましょうか?
Would you like us to call you back later?
必ずお伝えいたします。
We will tell sure.

接客英語を使う場合は落ち着いて丁寧に話すのがポイント

最後に、本記事のポイントをまとめます。

  • 接客英語を使用する場合は、落ち着いてゆっくりと丁寧に話すことがポイント。
  • 慣れない英語に戸惑ったり焦ったりしないよう、基本的なフレーズを知っておくことも大切。

おもてなしの気持ちを持って心を込めて接客することも重要ですが、スタッフのスムーズな会話がお客様の満足に影響することもあります。

また、電話での英語接客も大事ですが、飲食店の場合は実際に外国人のお客様が来店した際の対応も重要です。

こちらの関連記事で、対面での接客フレーズや便利グッズを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

押さえておきたい!飲食店での接客英語基本フレーズ【レストラン編】
【居酒屋店員必見!】接客英語の基本フレーズとおすすめ対策

TOP