接客英語のミカタ

空港で英語を話すお客様への接客に使えるフレーズ

海外からのお客様に接客対応する機会の多い空港スタッフですが、「英語に自信がない」と悩んでいる方もおられるのではないでしょうか。

英語でうまく対応することができなければ、お客様に迷惑がかかってしまうこともありますから、適切に対応できるように備えておきたいものですよね。

この記事では、空港で使う基本の英単語や接客で使える英語表現についてご紹介します。

空港での接客に使える基本の英単語

まずは、空港でよく使う英単語を見てみましょう。単語程度であればわかっているという方も、おさらいとして参考にしてください。

乗り継ぎのお客様
・Transit
・Departure
・Arrival

多くのお客様は、乗り継ぎの合間にお店やレストランに寄るので、乗り継ぎについて会話することも多いでしょう。「乗り継ぎ」は英語で「Transit」と言います。

また、これから出発されるお客様なのか、ここに到着してきたお客様なのかを知りたいこともあるでしょう。「出発」は英語で「Departure」、「到着」は「Arrival」と言います。

出発のお客様
・Boarding gate
・Boarding procedures
・Check-in counter
・Airlines
・Information Counter

出発のお客様なら、これから搭乗するフライトの詳細について、コミュニケーションをするシーンもあるかもしれません。

「搭乗ゲート」は英語で「Boarding gate」、「搭乗手続き」は「Boarding procedures」と表現します。

また、「チェックインカウンター」は「Check in counter」、「航空会社」は「Airlines」です。

空港のさまざまなサービスを探しているお客様に対応することもあるでしょう。そのような場合は、「インフォメーションカウンター」を紹介しましょう。英語でも同じく、「Information Counter」と言います。

到着のお客様
・Foreign Currency Exchange
・Shuttle bus
・Taxi stop
・Exchange Luggage Storage

海外から到着されたばかりのお客様は、まだ日本のお金を持っていないかもしれませんから、両替所へご案内しましょう。「外貨両替所」の英語表現は、「Foreign Currency Exchange」です。

到着して空港から目的地に向かっているなら、バスやタクシーの乗り場を案内しましょう。「シャトルバス」はそのまま「Shuttle bus」、「タクシー乗り場」は「Taxi stop」となります。

荷物をたくさん持って空港を動き回るのは不用心ですから、荷物を預けるようにおすすめしてもよいでしょう。「荷物預かり所」は英語で、「Exchange Luggage Storage」と表現します。

空港での接客に使える基本的な表現

基本的な熟語を用いて英語で表現してみましょう。

Next to the - (~の隣に)
The kiosk is next to the counter.(売店はカウンターの隣にあります。)
Close to the ~ (~の近くに)
Currency exchange is close to the exit.(出口の近くに外貨両替所があります。)
In the immediate vicinity of ~, right beside of ~~ (~のすぐそばに、~の真横に)
Toilets are located in the immediate vicinity of the waiting room.(トイレは待合室のすぐそばにあります。)
Just behind the ~, directly behind (~のすぐ後ろに、真後ろに)
Information Counter is located just behind the check-in counter.(インフォメーションカウンターはチェックインカウンターのすぐ後ろにあります。)

空港での接客が不安なら翻訳機を導入するとよい

ここまで、空港の接客で使える単語や例文を紹介してきました。しかし、空港における実際の接客では、もっと複雑な会話やイレギュラーな状況も発生します。

そのため、もっと英語力を高めたいと思っている方も多いでしょう。もちろん、時間をかけて高度な英語を学んでいくのもよい方法のひとつですが、「今すぐ」というニーズがある方への提案として、翻訳機をおすすめします。

翻訳機にはどのような利点があるのでしょうか。

対応言語数

たいていの翻訳機はいくつかの言語を翻訳できる機能があるので、空港に訪れるさまざまな言語を話す方とのコミュニケーションに役立てることができます。

特に、英語や中国語などの日本の空港でよく使われる言語圏の方と話すのには、とても便利です。

会話ができる

翻訳機には、翻訳機能を内蔵しているタイプと、クラウドで翻訳をするタイプがあります。

いずれのタイプも瞬時に的確な訳をきれいに発音してくれるので、有能な通訳を通して直接会話しているかのように、コミュニケーションを楽しみながら接客に集中することができるでしょう。

性能の良さ

翻訳機では、ワンフレーズの会話に特化して設計されているものが多く、サッと素早く訳してくれます。翻訳の精度も年々向上してきており、伝えたいことが齟齬なく通じるという成果を出してくれることでしょう。

空港の接客での翻訳機ならPOCKETALK(ポケトーク) Wがおすすめ

空港での接客に一番適した翻訳機としておすすめしたいのは、ソースネクストが販売している「POCKETALK W」です。POCKETALK Wがどれほど優れているかについてご説明しましょう。

長文翻訳が得意

たいていの翻訳機は、ワンフレーズの日常会話を訳すことを目指して開発されたという経緯があり、空港での接客というビジネスシーンでの使用では、実際的ではないということも多いです。

しかし、POCKETALK Wなら、接客中の会話のような長文でも的確に訳出することができる機能が備わっています。

双方向

日本語を外国語に訳すことはできても、外国語から日本語に訳すことができない翻訳機もあります。

しかしPOCKETALK Wなら、日本語から外国語への翻訳はもちろん、外国語から日本語への双方向翻訳も可能です。ですから、お客様の細かい要望にも確実に対応することができるようになるのです。

対応言語数は74言語

最後にお伝えしたいPOCKETALK Wのおすすめポイントは、対応する言語数です。他の翻訳機は、英語・中国語・韓国語の3言語程度の機能を持っているものが主流です。

しかし、それらの言語を話せない国から訪れるお客様も珍しくありません。そのため、空港での接客には、より多くの言語数に対応することが望まれるのです。

POCKETALK Wなら、なんと74言語の翻訳機能を備えています。これだけあれば、多くの国のお客様にスムーズに対応できるのではないでしょうか。

まとめ

空港の接客現場で実際に使える英語フレーズについておさらいです。

  • 空港ではきちんとした外国語対応でおもてなしすることが求められる
  • 今すぐ外国語対応をするためには、翻訳機の機能が活用できる
  • 空港での接客には長文・多言語・双方向対応のPOCKETALK Wが最適である

POCKETALK Wを接客に活かし、日本のきめ細かなおもてなし精神を、ぜひ日本の玄関口である空港で体験してもらいましょう。
POCKETALK Wの詳細をみてみる

TOP