接客英語のミカタ

博物館で働くなら知っておきたい基本の接客英語フレーズ

私たちが海外に行った時に博物館に足を運ぶように、外国からの旅行者も博物館によく足を運びます。外国のお客様が来館されたときは、英語できちんと接客したいところです。

ただ、「英語でどのように案内したら良いのかわからない」という方も多いことでしょう。

ここでは、外国のお客様を案内するときに使う、基本の接客英語フレーズを紹介します。

さらに、博物館での英語接客で便利なおすすめ翻訳機も紹介していきます。

博物館での接客の基本|来館者への入館時対応英語

まずは、入館時の対応について見ていきましょう。

Hello. Welcome!?

日本語に訳すと、「こんにちは。いらっしゃいませ!」にあたるフレーズです。非常にフレンドリーに感じられる言い回しです。

The admission fee is 2,000 yen for adults.

入館料をお客様にお伝えする言葉です。子どもの場合は

for children

を使います。

Would you like to have an English guide? Or would you prefer an audio device?

博物館では、展示物の説明をするオーディオ機器やガイドが用意されていることも多いことでしょう。これは、「英語のガイド、もしくはオーディオ機器をご使用になられますか?」の意味で使われるフレーズです。

博物館での接客の基本|注意点を伝える

ここでは、「注意点を伝える方法」について見ていきます。

海外の博物館と日本の博物館では、マナーも注意点も違います。

たとえばですが、海外の場合、日本では当然撮影禁止となるような場所でも写真撮影が許可されていることもあります。

そのため、同じ感覚で写真撮影をしたり、フラッシュをたいて撮影したりする人もいるかもしれません。

There is no photo-taking inside of museums, please.

館内でのカメラ撮影はできません、と告げるフレーズです。“please”を付けることで、丁寧な印象を与えられます。

You are not allowed to use a flash.

「写真撮影はOKだが、フラッシュ撮影は禁止」というところもあるでしょう。その場合はこのフレーズを使います。「カメラのフラッシュを使用してはいけません」という意味です。

The museum is open from 11:00 AM until 4:00 PM.

開館時間を示す言葉です。「朝11時から夕方4時まで開いております」と言いたいときに使います。

博物館での接客が不安なら翻訳機を導入すると良い理由

上記のようなフレーズを知っておくだけで、意思の疎通の幅は大きく広がります。しかし、実際の博物館での会話では、より複雑なやりとりが発生します。

例えば、窓口でお客様から博物館で開かれるイベントについて聞かれたり、突然博物館のフロア案内をしなければならいない、博物館における様々なルールの説明をする、といったケースです。

そんなときに頼りになるのが「翻訳機」です。

翻訳機はとても便利で

英語で表現できない言葉があっても、すぐに日本語を自然な言葉に訳してくれるうえに発音してくれます。

これさえあれば、博物館の複雑なルールを正確に相手へ伝えることができます。

翻訳機の魅力はこれだけではありません、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。
翻訳機の性能は良い?精度の高い翻訳機の選び方と人気の製品を比較!

次は、沢山ある翻訳機の中でどれを選ぶべきなのか説明していきます。

この記事で紹介するのは、博物館で接客をする方におすすめの翻訳機「POCKETALK(ポケトーク)W」です。

博物館の接客での翻訳機なら「POCKETALK W」がおすすめ

これは2018年に発売されて以来、健康食品メーカー「ファンケル」や「SHIBUYA TSUTAYA」等の様々な場所で接客ツールとして採用され続けている、最新の人気翻訳機です。
参考:最新のプレスリリース|ソースネクスト企業サイト

この翻訳機の強みは、翻訳機によっては3言語程度しか訳せないものもあるなかで対応言語数が74言語である点です。

博物館といった特にメジャーな観光施設には、英語圏だけでなく様々な国からお客様が来る傾向にあります。

そのため、英語だけではなく多種多様の言語に対応している翻訳機を使用することで、英語を話せないお客様とも確実にコミュニケーションをとることができます。

もちろんお客様の言語を話せなくても、機械が発音してくれるので安心です。

対応言語数の多さ以外にもPOCKETALK Wの魅力は沢山あります。この翻訳機のより詳しい情報はこちらの記事で読むことができます。
ポケトークの評判はいい?翻訳機の特徴と接客業に便利な機能を紹介!

公式サイトを見てみたい方はこちらをご覧ください。
POCKETALK Wをみてみる

まとめ

博物館においては、基本のあいさつや注意点を、他の国の言葉で伝えることが求められる場面も多いでしょう。そんな時に役立つのが、この記事でご紹介したさまざまな基本フレーズと翻訳機の導入です。

博物館での接客では、以下の3つのシチュエーションでの基本フレーズを覚えましょう

  • 来館者が入館したとき
  • 博物館における注意点を伝えるとき

しかし、実際の博物館での会話でのより複雑なやりとりに対応するため、英会話に自信のない方には翻訳機の導入をおすすめします。

中でも、POCKETALK Wは

  • 対応言語数が多い(74言語対応)
  • 翻訳した言語を発音してくれる

といったメリットを持っているため、使い勝手がよいといえるでしょう。
POCKETALK Wをみてみる

TOP