接客英語のミカタ

本屋で働く人が覚えておきたい英単語&英語接客フレーズ

本屋で働いていると、しばしば外国のお客様に接客する機会がある
カタコトの英語なら意思の疎通はかれるが、できればもっと英会話がしたい」と考える方も多いでしょう。

ここでは、本屋で使う英単語をはじめ、接客で求められる基本の英語接客フレーズを紹介します。

英語接客の基本フレーズ

比較的よく聞かれるであろう質問への回答や、あいづちについて取り上げます。まずはこれからマスターしていきましょう。

I’m looking for the recipe book. Can you tell me where the recipe book?

料理本を探している、とお問い合わせです。もちろん即答できることもありますが、探すのに時間がかかりそうな場合は下記のような言い回しを使いましょう。

なお、在庫確認については、次の段落で取り上げます。

Please wait a moment.
Just a moment please.

「少々お待ちください」というフレーズです。

Which floor is the ○○department?

「○○売り場は何階ですか?」という問いかけです。

これには、当然、「○○売り場は○階にございます。」と答えます。“The ○○ section is on the ○ floor.”と言えば通じます。○○には売り場の名前を入れます。

大型の本屋では、レジの位置が少しわかりにくいこともあります。

“Where is the cashier?(レジはどこですか)”と聞かれた場合は、“The cashier is over there.(レジはあちらです)”もしくは “This way,please.(こちらです)”と応じましょう。身振りをプラスするとさらにわかりやすいはずです。

“Where is the toilet?(トイレはどこですか)”という質問も比較的よく受けるものでしょう。この場合は、“The restroom is on the second floor.(トイレは2階にございます)”などのように返すことになります。

また、“Certainly.(かしこまりました)”、“I’ll be right back.(すぐに戻ります)”“I will ask.(聞いてきます)”などの言い回しは、汎用性が高いので、覚えておきたいものです。

本の在庫を聞かれた時のフレーズ

“Is there inventory for this book?(この本の在庫はありますか)”と聞かれたときのフレーズについても学んでおきましょう。

まずは、「お調べいたします」と受けるのがよいでしょう。そのフレーズは
“Please let me check.”です。

それ以外のパターンとしては、「売り切れている」「発売予定だ」「絶版です」「そこの本棚にあります」などが考えられます。
それぞれ見ていきましょう。

こちらの本は現在売り切れています。
That book is out of stock now.
申し訳ございませんが、売り切れです。
Sorry but they are sold out.
その本は○○に発売予定です。
The book will be on sale ○○.
その本は絶版です。
The book is out of print.
そこの本棚にあります。
There is it on the bookshelf.

会計時の英語接客フレーズ

ここからは、会計のときに使う接客フレーズを学びましょう。

諸外国では本にカバーをかけることは少ないといわれています。しかし日本においては、新しい本を買うと、紙のカバーをつけることが多いでしょう。

「カバーをおかけしますか?」は、“Shall I put a book jacket on this book?”と言います。

また、「袋はご利用になりますか?」は“Would you like a bag for this?”と表されます。

レジのもっとも基本の言い回しである「合計は○○円です」はかなりシンプルで、“The total is ○○yen.”で通じます。

本屋で使用するボキャブラリー集

それ以外にも、本屋でよく使われる単語があります。語彙が豊富であればあるほど会話はスムーズになりますから、しっかり覚えておきたいですね。

Bookstore(米) / Bookshop(英) ・・・本屋
Bookstore clerk / Bookseller ・・・本屋の店員
Section ・・・コーナー、区域、項
Edition ・・・(本の)版、(ある版の)1冊・1部
Comics ・・・漫画
Novel ・・・小説
Romance ・・・恋愛物
History ・・・歴史物
Science fiction & Fantasy ・・・SF、ファンタジーが
Mystery & Thrillers ・・・ミステリー、怪奇
Dictionary ・・・辞書、辞典
Glossary ・・・語彙集、用語辞典
Business & Investing ・・・ビジネス、投資関係
Children’s Books ・・・子ども用の本
Nonfiction ・・・実話、ノンフィクション
Literature & Fiction ・・・文学、フィクション
Aisle ・・・通路
Shelf ・・・棚

イレギュラーにも対応できるよう翻訳機も検討してみる

ここまでは、よくあるフレーズや覚えておくべきボキャブラリーを取り上げました。しかし、実際の現場では、このような決まったフレーズではなく、まったく聞き慣れない質問を投げかけられるのが多いのも事実です。

また、「そもそも英語での接客に自信がない」「外国の方がよく来る本屋なので、もっとスムーズにやりとりしたい」という人もいるでしょう。

そのようなときに役立つのが、「翻訳機」です。

現在の翻訳機の性能はとても高くなっています。特に、「POCKETALK(ポケトーク)W」は、本屋での接客に求められる要素を満たしています。

双方向の会話が可能

接客の現場において大切なのは、「自分の意思だけを伝えること」「相手の意思だけを受け取ること」ではありません。相手の質問内容を把握し、かつこちら側の意思も伝えなければなりません。

そのため、翻訳機には、「お互いの言葉をしっかり翻訳できる、双方向の翻訳機能」が必要です。POCKETALK Wはこれを満たしています。

音声がクリア

本屋で使う翻訳機には、聞き取り間違いのないよう相手の言葉を聞き取るノイズキャンセル機能と、言葉が聞き取りやすいスピーカー機能を併せ持っていることが求められます。

POCKETALK Wは、ノイズキャンセル機能と大音量スピーカー機能を搭載しているため、間違いのない丁寧な接客ができるでしょう。

起動が早い

何か探し物をしているときには、反応が遅いと少しイライラしてしまうもの。そのため、翻訳にもある程度のスピーディーさが求められます。

POCKETALK Wは起動が非常に速く、1秒程度ですぐに起動することができます。そのため、お客様をお待たせすることもありません。

また、連続使用で約7時間も使えますから、「いざ使おうと思ったらバッテリー切れになっていた」という可能性も低いといえます。

まとめ

最後にこの記事でご紹介した内容のおさらいです。

  • 本屋で使う英単語と英語接客フレーズは最低限覚えておく
  • イレギュラー対応などもできるよう翻訳機の導入も検討してみる
  • 翻訳機を導入するなら、「双方向機能」「クリアな音声」「起動が早い」という特徴を持つPOCKETALK Wがおすすめ

POCKETALK Wの詳細をみてみる

TOP