接客英語のミカタ

海外の銀行で使う英単語&窓口の受け答え英語フレーズを紹介

クレジットカードが便利になったとはいえ、やはり生活のいたるところで「現金」は活躍しています。これは海外でも例外ではありません。

海外旅行などに行く場合、多くの人はある程度の現金を持っていきますが、現地で「やっぱりお金が足りなかった!」というケースに遭遇することも多いでしょう。

また、ワーキングホリデーなどで、現地で口座を開設する必要が出てくることもあるでしょう。

ここでは、海外の銀行窓口で使う英会話フレーズや英単語を集めました。

銀行窓口の「口座開設・解約」の受け答えフレーズ

I’d like to open an account.

「口座を開設したいのですが」という申し出です。また、セットで、以下のフレーズも口にすることがあるでしょう。

I want to close the account.

「口座を解約したいのですが」を意味するフレーズです。開設と解約は、セットで覚えておきましょう。

また、これと関連するフレーズで、以下のようなものもあります。

I’d like to open a second account.

「開設」と似ているのですが、こちらの意味は「2つめの口座を持ちたいのですが」というものです。複数の口座を作り、それぞれ用途ごとに使い分けるケースは、それほど珍しくありません。

銀行窓口の「お金の引き出し・振込み・預金」受け答えフレーズ

I’d like to withdraw some money.

「お金を引き出したいのですが」という問いかけです。これに対しては、“Please use ATM.(ATMを使ってください)”などの返答があるかもしれません。

I’d like to deposit money into my account.

今度は逆に、「口座にお金を預けたい」という希望を伝える言葉です。

少し長めのフレーズで、「預金口座 / 貯金口座にお金を預け入れたい」という言い回しもあります。

I’d like to deposit money into my checking/saving account.

「カウンターで受付をする」と伝えたいのなら、“We will accept reception at the counter”というような言葉を言われるでしょう。

銀行窓口の「両替・換金」受け答えフレーズ

I’d like to exchange some money.

「両替」「換金」を行いたいという要望です。チップ用の細かいコインや、自販機用のコインを用意したいときに便利です。

そのほか銀行窓口で使用頻度の多いフレーズ

「緊急時であることを伝えるフレーズ」をしっかり覚えておくことは、非常に重要です。

日本は非常に安全な国だと言われていますが、諸外国では日本人がスリ被害にあうケースも多く見られます。警察に届けるのはもちろんのこと、その後に銀行で手続きをすることも求められます。

また、当然これらのフレーズは、「自分自身で物を失くした」などのケースでも使える言い回しです。

I have lost my bank card.
銀行のカードをなくしました。
I have forgotten my PIN number.
暗証番号を忘れました
I lost my passbook.
通帳をなくしました

特に、通帳やカードの紛失は緊急事態でもありますから、しっかりと伝えたいものです。

なお、単純にATMの場所がわからないときなどは、下記のフレーズを使いましょう。

Where can I find the ATM machines?
ATMの機械はどこにありますか?

ATM画面操作での英語フレーズ

ここからは、ATMの画面操作でよく見ることになる英語のフレーズを見ておきましょう。

それほど難しいフレーズではないので、単語さえ把握しておけば理解はしやすいでしょう。また、日本のATMの操作ともそれほど違いはありません。

Insert your card.
カードを挿入してください
Enter your PIN.
暗証番号を押してください
Incorrect PIN.
暗証番号が間違っています
Would you like a receipt?
レシートは要りますか?
Remove your card.
カードを抜いてください

銀行で使う英単語集

ここでは銀行で使う英単語を日本語訳と一緒にいくつかご紹介します。

  • PIN ・・・暗証番号。「pass word」とも言います。
  • remittance ・・・送金。なお、海外への送金の場合は、後ろにabroadが付きます。
  • savings account・・・普通預金。預金口座自体を指すこともあります。
  • transaction details・・・取引内容
  • passbook・・・通帳
  • bank transfer・・・振り込み

これらの単語はよく使うことになりますから、覚えておくと便利です。

受け答えに不安な人は「翻訳機」も準備しておこう

ただ、このような言い回しや単語を理解していたとしても、実際の銀行では「相手との会話」が必要になってくることもあります。また、とっさに単語が出てこないこともあるでしょう。

そのような場合は、翻訳機を持っていると安心です。現在の翻訳機は、昔のように「単語を訳すため」にあるのではなく、「会話を訳す」ことができます。そのため、銀行員との会話もスムーズに行えます。

今はたくさんの翻訳機が出ていますが、特におすすめなのは「POCKETALK(ポケトーク)W」です。海外での頼れる相棒となってくれるこの翻訳機は、現地の銀行で使いやすい特徴を多く兼ね備えています。

小さくて持ち運びが楽

POCKETALK Wは、手のひらサイズです。重さも約100gと非常に軽く、街歩きのときに持っていても苦になりません。

この「持ち運びしやすいサイズであること」は、「日常」と密接に関係している銀行という場面で使うときには、非常に役立つメリットです。

双方向での会話が可能

自分の言葉を現地の言葉に訳して伝えてくれるだけでなく、相手の言葉を日本語に訳してくれるという機能があります。

自分の意思を伝えるためにはそれほど複雑な単語は必要としませんが、相手の言葉には複雑な単語が入っていることもよくあります。特に、専門的な単語が増える銀行ではなおさらです。

相手の言葉を的確に訳しその意味を教えてくれるPOCKETALK Wは、銀行での会話をスムーズに、そして確実性の高いものにしてくれます。

長文でも翻訳できる

POCKETALK Wのもっとも大きな魅力の一つが、「長文であっても翻訳できる」ということです。

銀行での説明は、どうしても複雑化することも多いものです。しかしPOCKETALK Wならば、細切れのフレーズにしなくてもきちんと訳してくれます。そのため、母国語でしゃべっているときのような自然な会話が実現できます。

「お金」に直結する銀行での会話は、間違いがあってはいけないものです。そんな場面において意思の疎通をサポートしてくれるPOCKETALK Wは、極めて有用な道具だと言えるでしょう。

海外での銀行利用時は正確な言い回しが必要

海外で銀行を利用する可能性がある場合は、以下の点を踏まえておきましょう。

  • 銀行でよく使うフレーズは、覚えておいたほうがよい
  • 単語もしっかり把握しておくと、慌てなくて済む
  • 銀行でのやりとりは間違いがあってはいけない。そのため、翻訳機があると心強い
  • 「軽くて小さい」「双方向の翻訳ができる」「長文翻訳が可能」の3つの特徴をそなえるPOCKETALK Wは、特に有用性が高い

POCKETALK Wの詳細をみてみる

TOP