接客英語のミカタ

「少々お待ちください」のパターン別の英語表現を紹介!

電話やお店に来たお客様に対してなど、ビジネスシーンや接客業でもよく使われる「少々お待ちください」。英語では表現方法が多数あるので、「どのフレーズを使用していいかわからない」と悩む方も少なくありません。

ここでは、「少々お待ちください」の英語をパターン別に紹介します。

「少々お待ちください」のパターン

「少々お待ちください」の3つのパターンを、言葉の持つニュアンスと合わせて紹介します。

Please wait a moment
「少々お待ちください」の英語での直訳が“Please wait a moment”です。道を聞かれた時や電話での受け答えなど、日常的に使用される「少々お待ちください」です。
Could you wait a little?
“Could you wait a little?”は「少々お待ちいただけますでしょうか?」と相手に待つことへの許可を求める表現にし、“Please wait a moment”よりも丁寧にした言い回しです。ホテルやレストランでの接客やビジネスシーンなど、大切なお客様へも使用できます。
I will be with you for a little while.
“I will be with you for a little while.”は直訳すると、「しばらく一緒におります」という意味です。「少々お待ちください」は丁寧な表現とはいえ、相手へ命令をしていますが、「しばらく一緒におります」と命令ではない表現に変えることで、さらにフォーマルな場でも使用できるフレーズです。

ビジネス電話で使えるパターン

ビジネスでの電話応対で使用できる、英語の「少々お待ちください」のパターンを紹介します。

少し時間が欲しいことを伝えたい時

Please wait a moment.
少々お待ちください。
Can you wait a few days.
数日間お待ちいただけますか。
It will take a little time, so your patience is greatly appreciated.
少し時間がかかりそうなので、ご辛抱いただけると幸いです。

どのくらい待ってほしいか伝える時

I will call again soon.
すぐに折り返します。
We will contact you within one week in regards to this issue.
本件については1週間以内をめどにまたご連絡いたします。
We will answer as soon as possible.
可能な限り早く回答いたします。

会話するのが不安なら翻訳機を買うと良い

「少々お待ちください」の英語パターンを覚えても、実際に使おうとすると焦ってしまったり、イレギュラーな会話が発生したりして間違ってしまうことも。

ここでは、ビジネスシーンや接客でも使用できる翻訳機の選び方のポイントを解説します。

性能の良さ

「少々お待ちください」を正確に伝えられるボキャブラリーの豊富さや新しさなど、性能の良さは翻訳機選びで重視すべきポイントです。

会話ができる

双方向での翻訳が可能な、会話ができる翻訳機を選べば、ビジネスシーンでも接客でも相手に失礼なく安心して使えます。

値段

コストは翻訳機導入で重要なポイント。翻訳機は一度購入すれば壊れるまで使用できますので、例えば3万円の価格の翻訳機を購入し2年間使用し続けたとすれば、1日あたりのコストは40円ほどです。

長期的な使用を考えると、3万~5万円程度の翻訳機を選べば十分元が取れる計算になります。

翻訳機を買うならPOCKETALK(ポケトーク)Wが良い

「少々お待ちください」を接客からビジネスシーンまで幅広く、いつでも正確に伝えられる翻訳機としておすすめなのが「POCKETALK W」です。POCKETALK Wの3つの機能についてご紹介します。

長文翻訳が得意

「少々お待ちください」は、お待たせしてしまう理由や、相手を気遣う言葉と一緒に使用されることが多いです。

ワンフレーズの翻訳しかできない翻訳機も多い中で、POCKETALK Wは最新のボキャブラリーによる長文翻訳が得意なので、幅広いシーンで安心して利用できます。

対応言語数は74言語

英語以外で「少々お待ちください」を伝えたい時も、POCKETALK Wなら安心です。

多言語対応可能でも3言語のみの翻訳機もありますが、POCKETALK Wなら74カ国言語に対応。幅広い外国人の方に利用できます。

双方向

POCKETALK Wは双方向で翻訳会話が可能です。お待たせしてしまったお客様に対してのフォローもできますので、その後の会話の発展にも繋がります。

まとめ

ここまで「少々お待ちください」の英語表現をパターン別に紹介してきました。最後にこの記事のおさらいです。

  • 英語の「少々お待ちください」はフレーズが多くニュアンスもそれぞれ異なるので、シーンに応じて使い分けが必要
  • イレギュラーな会話が発生した時でも、ビジネスシーンや接客業など幅広いシーンで正確に「少々お待ちください」を伝えたいなら、翻訳機の導入がおすすめ
  • 長文翻訳が得意、多言語に対応、双方向の会話が可能な翻訳機を導入すれば、いつでも「少々をお待ちください」を正確に伝えられるので安心。これらの条件を満たした翻訳機としてPOCKETALK Wがおすすめ

これらを踏まえれば、幅広いシーンで「少々お待ちください」を外国人のお客様にいつでも正確に伝えられるようになります。
POCKETALK Wの詳細をみてみる

TOP