接客英語のミカタ

接客における「お待たせしました」の英語表現パターンを紹介

カフェやレストランなど、接客の場面でよく使われる「お待たせしました」という言葉は、英語ではいくつかの表現があります。

この記事では「お待たせしました」の英語表現について2つ紹介します。

「お待たせしました」には2つのニュアンスがある

「お待たせしました」という言葉は、2つの異なるニュアンスを持っています。シチュエーション別で、どのような英語表現がふさわしいか紹介していきます。

「準備が出来ました」

Ready
“Ready”は、「準備ができました」というニュアンスを伝えるときに使う言葉です。例えば、レストランで店員さんがお客様に料理を運んできたときに使われます。

「お待たせしてごめんなさい」

sorry for making you wait
“sorry for making you wait”は、「お待たせしてごめんなさい」というニュアンスで使う言葉です。例えば、行列ができている店で順番を待ち、自分の番がきたときに店員さんから言われる「お待たせしました」の際には“Sorry I made you wait”が使われます。

このように「お待たせしました」には2つのニュアンスがあるので、使い分けられるようにしましょう。

飲食店での英語接客に自信がない方におすすめのアイテム

上記で「お待たせしました」の英語フレーズを紹介しましたが、飲食店で英語で対応する必要がある場面は、料理を届けるときや席の誘導をするとき以外にも数多くあります。

例えば、注文を承るときや会計時、更には外国人のお客様からメニューについて質問をされたときが挙げられます。

英語が得意でない方は、飲食店でのこうした様々な場面に英語で対応するために、あらゆる場面でのフレーズを覚える必要があります。

しかし、全てのフレーズを覚えるなんてそう簡単なことではありませんよね。

そのように思う方に心強いアイテムが「翻訳機」です。

翻訳機を利用すれば飲食店での入店からお会計までの全ての場面で使用される多種多様なフレーズを全て覚えなくても良いうえに、間違った英語を使用する心配もありません。

翻訳機には他にどのような魅力があるのでしょうか?気になる方はこちらの記事を読んでみてください。
翻訳機の性能は良い?精度の高い翻訳機の選び方と人気の製品を比較!

しかし、どの翻訳機を買えばいいのかよく分からないというのが本音ですよね。

この記事では飲食店での英語接客におすすめの翻訳機を紹介します。

翻訳機を購入するならコレがおすすめ!

飲食店の店員の方には「POCKETALK W(ポケトーク W)」がおすすめです。

なぜならこの翻訳機には以下のような特長があるからです。

  • 74か国語に対応
  • 双方向翻訳に対応している

これらの機能により、一方的にお客様に話しかけるだけではなく、来店するあらゆる国のお客様の各々の好みや要望を聞いたうえで、おすすめの料理を紹介することもできます。

飲食店ではこのように「おもてなし」の心をもってお客様とコミュニケーションをとることで、リピーター増加にも繋がる可能性があります。

ぜひ翻訳機「POCKETALK W」を使用してみてはいかがですか?

ここまで「POCKETALK W」の特長を2つ紹介しましたが、以下の記事でもっと沢山知ることができますよ。
ポケトークの評判はいい?翻訳機の特徴と接客業に便利な機能を紹介!

公式サイトはこちらから見ることができます。
POCKETALK Wをみる

まとめ

英語では、接客の場面でよく使われる「お待たせしました」のように、ニュアンスによって複数のフレーズがある言葉があります。ここでポイントをまとめてみましょう。

  • 「お待たせしました」には伝えたいニュアンスによって複数のフレーズがあるため、シーンによって使い分けが必要
  • 英語に慣れていない場合は、飲食店での全ての場面で英語接客することが難しいため、翻訳機を1台用意しておくと便利
  • 74か国語に対応し、双方向で会話ができるPOCKETALK Wを使えば「おもてなし」の心を込めたコミュニケーションが可能

ポイントをおさえておけば、さまざまなシーンで外国人に対して自分の思いを正しく伝えられるようになります。
POCKETALK Wをみる

TOP