接客英語のミカタ

接客における「お待たせしました」の英語表現パターンを紹介

カフェやレストランなど、接客の場面でよく使われる「お待たせしました」という言葉は、英語ではいくつかの表現があります。今回は「お待たせしました」の英語表現について2つ紹介します。

また、接客ではイレギュラーな会話が発生することもありますが、そんなときの心強いアイテムとして翻訳機も紹介していきます。

「お待たせしました」のパターン

「お待たせしました」という言葉には、「準備ができました」や「待たせてごめんね」といったニュアンスがあります。それぞれの場合、どのような英語表現がふさわしいか紹介していきます。

Ready
“Ready”は、「準備ができました」というニュアンスを伝えるときに使う言葉です。例えば、レストランで店員さんがお客様に料理を運んできたときや、電話口で保留にしてお待たせしていた場合などに使われます。
sorry for making you wait
“sorry for making you wait”は、「待たせてごめんね」というニュアンスで使う言葉です。例えば、行列ができている店で順番を待ち、自分の番がきたときに店員さんから言われる「お待たせしました」の際には“Sorry I made you wait”が使われます。

会話するのが不安なら翻訳機を買うと良い

基本的な英会話を勉強していたとしても、実際の場面ではイレギュラーな会話が発生する場合があります。そんなときには翻訳機があると便利。

英語が話せなくても日本語を英語に翻訳してくれるので、いざという場面でもあわてずに対応できます。

ここでは翻訳機選びのポイントについて3つ紹介していきます。

性能の良さ

翻訳機の基本的な役割は、ある言語を別の言語に置き換えすることです。外国語が話せなくても、日本語を英語や中国語などに変換できるので、言葉の壁を取り払うことができます。

翻訳機の機能として重視したいのは、実際に外国人を目の前にしたときに、スムーズに会話ができるかどうかです。

例えば、音声入力機能がついているものであれば、文字を入力するよりも素早く利用できるため、相手を待たせずに会話を繋げることができます。

また、不特定多数の外国人と会う可能性がある場面では、対応している言語が多い翻訳機だと安心です。英語だけでなく中国語や韓国語、フランス語など豊富な言語に対応していれば、幅広い場面で対応できるようになります。

会話ができる

翻訳機は、自分が伝えたい内容を相手側の言語に翻訳し、それを表示・発声してくれます。慣れない言語を自分で話すよりも、正確な言葉を素早く相手に伝えられるため、スムーズな会話が実現します。

また、話したい内容をより正確に伝えるためには、短文よりも長文の翻訳に対応しているものが良いでしょう。短文では伝えられるニュアンスが限られてしまうため、長文でもしっかりと翻訳できれば、より会話を楽しむことができます。

また、双方向に対応していれば、こちらの言葉だけでなく、相手の言葉も翻訳できるので会話が成り立ち、スムーズなコミュニケーションが図れます。

値段

翻訳機の価格はさまざまで、2万円前後から高いものでは5万円前後というものもあります。

例えば、英会話教室に毎月1万円の月謝を払ったとしても、外国人と英語でスムーズに会話ができるようになるまでには何ヵ月もの時間を要するため、かなりの投資が必要になります。

そう考えると、5万円前後の翻訳機でも、買ってすぐに外国人とスムーズなコミュニケーションができるため、長期的にみても決して高い買い物ではないのではないでしょうか。

翻訳機を買うならPOCKETALK(ポケトーク)Wが良い

翻訳機選びに迷った方におすすめなのがPOCKETALK Wです。POCKETALK Wは74もの言語に対応。さらに長文翻訳や双方向にも対応しているなど性能も優れています。

ここでは、POCKETALK Wについて詳しく紹介していきます。

長文翻訳が得意

POCKETALK Wは長文翻訳が得意です。

例えば、「ご予約いただいたお客様には、ドリンクを1杯サービスしております」という日本語を一瞬で”“We serve a drink for customers who have made reservation.”と英語に翻訳することが可能です。

クラウド上で最新で最適なエンジンを用いて翻訳をしているため、長文でも高い精度の翻訳ができます。

対応言語数は74カ国

翻訳機の中には日本語、英語、中国語など、3つ程度の言語にしか対応していないものもあります。POCKETALK Wの対応言語数は74カ国。

英語はもちろん、中国語や韓国語、タイ語にベトナム語、アラビア語など、幅広い言語に対応できるので、特に接客業など不特定多数の外国人と接する可能性がある方におすすめです。

双方向

POCKETALK Wでは互いの言語を翻訳する双方向の対話ができます。

例えば「日本語→英語」だけでなく「英語→日本語」も翻訳できるため、会話のやり取りを楽しむことができます。簡単にお互いの話している内容が伝わるため、よりスムーズなコミュニケーションが可能となります。

まとめ

英語では、接客の場面でよく使われる「お待たせしました」のように、ニュアンスによって複数のフレーズがある言葉があります。ここでポイントをまとめてみましょう。

  • 「お待たせしました」には伝えたいニュアンスによって複数のフレーズがあるため、シーンによって使い分けが必要
  • 英語に慣れていない場合は、イレギュラーな会話に対応するのが難しいため、翻訳機を1台用意しておくと便利
  • 長文翻訳が得意で多くの言語に対応し、双方向で会話ができるPOCKETALK Wを使えばスムーズなコミュニケーションが実現

ポイントをおさえておけば、さまざまなシーンで外国人に対して自分の思いを正しく伝えられるようになります。
POCKETALK Wの詳細をみてみる

TOP