接客英語のミカタ

飲食店の「おしぼり」の英語フレーズと使い方の説明を紹介

おしぼりを英語で何というかわからない
おしぼりの使い方を英語で説明できるかな
飲食店で外国人のお客様におしぼりを提供する時、どうしたらいいのか分からないという人も少なくないのではないでしょうか。
おしぼりは日本のおもてなしの一つであり、海外で目にすることはほとんどありません。そのためおしぼりが出てきても、何かわからないという外国人は多いでしょう。

この記事では、おしぼりを英語で紹介する時のフレーズやおしぼりの使い方を外国人のお客様に上手に伝える方法をご紹介します。

「おしぼり」についての英語のパターン

「おしぼり」は手渡す時に一緒に使い方を説明するととても親切です。ここでは、おしぼりに関する3つの英語フレーズをご紹介します。

Here's the hot towel.(温かいおしぼりです。)

とお客様へおしぼりを手渡す時のフレーズです。また、冷たいおしぼりの時には“Here's the cold towel.”と言い換えて使用できます。
Here's the water.(お冷をどうぞ。)
お冷を出されても「飲むお水」とわからない外国人の方も多くいます。おしぼりと一緒にお冷を提供する飲食店も多いので、一緒に使われる言葉でもあります。
Please use this to wipe your hands.(こちらで手を拭いてください。)
おしぼりをどうぞ、と出されても使い方のわからない外国人の方がほとんどでしょう。おしぼりの使いを説明したい時に使用するフレーズです。

会話するのが不安なら翻訳機を導入すると良い

おしぼりのフレーズや使い方を説明する以外にも、飲食店ではイレギュラーな対応が求められることが多いです。
英語でうまくニュアンスが伝えられずにトラブルになってしまうこともあるでしょう。

そんなとき翻訳機は、

自分の言いたいことをきちんと相手に伝えてくれ、相手の言いたいことも翻訳してくれる

のでとても便利です。

飲食店ではコミュニケーションが必ずと言っていいほど必要なので、翻訳機を一台持っておけば安心して接客をすることができます。
特におしぼりは日本独自の文化でもあるので、しっかりと海外の人をおもてなししたいですね。

翻訳機の機能に関しては他にもいくつかあるので気になる方は、以下の記事を参考にしてみてください。
翻訳機の性能と選び方のポイント

翻訳機ならPOCKETALK(ポケトーク)Wがおすすめ

おしぼりを正確に英語で伝えられる翻訳機の選び方のポイントをご紹介しました。

これらのポイントを全て押さえた翻訳機としておすすめなのが「POCKETALK W」です。POCKETALK Wの性能のひとつである長文翻訳機能についてご紹介します。

長文翻訳が得意

POCKETALK WはIoT(モノがインターネットにつながる仕組み)によって、

常に最新の言語エンジンでの正確な翻訳が可能

です。

しかも長文翻訳を得意としているので、「おしぼり」を表現するだけでなく、使い方の説明やもう一本必要か、お冷のおかわりなどほかのご要望がないかをうかがう、なども一緒に翻訳できます。

ワンフレーズしか翻訳できない翻訳機もある中で、長文翻訳が得意なPOCKETALK Wなら長文での会話が前提の飲食店の接客時にも、非常に心強いです。

より詳しく知りたい方はPOCKETALK Wのメリットとデメリットの記事を参考にしてみて下さい。

おしぼりのサービスを英語で上手に伝えよう

この記事を読んで「翻訳機があれば、おしぼりを渡す際もスムーズにコミュニケーションができるな」と考えた人も多いのではないでしょうか。おしぼりは日本の文化でもあり、外国人の方を魅了するものでもあります。

きちんとおしぼりの説明をして、おもてなしをしたいですよね。POCKETALK Wひとつあれば、それもかなうのでぜひ検討してみてください。

POCKETALK Wをみる

TOP