接客英語のミカタ

【レジ袋いりますか?】は英語でなんて言う?英語接客フレーズをご紹介

お買い物の際に渡すレジ袋は、有料だったり返金制度があったりと、お店によってシステムが異なります。よって「外国人のお客様にレジ袋に関して英語で上手に説明できない」と、悩むお店も少なくありません。

ここでは、レジ袋に関する英語や説明に使用するフレーズ紹介など、レジ袋を英語で正確に伝える方法について紹介しています。

「レジ袋」「ポリ袋」は英語でなんて言う?

「レジ袋」の英語表現、そしてレジ袋に関する覚えておきたい接客フレーズについてご紹介します。

レジ袋

スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどでの買い物時にお店で渡される、商品を入れるためのレジ袋は英語で“Plastic shopping bag”と表現します。

なお、レジ袋は「ビニール袋」と呼ばれることもありますが、英語で“vinyl bag”は水着などを入れるプールバッグのような、比較的厚手のビニールでできたバッグを指しますので、レジ袋を表現する時には使用できません。

ポリ袋

スーパーのサッカー台などに備え付けられている、透明のポリ袋は“Plastic Bag”です。

ちなみに、取っ手のついたレジ袋も含めてポリエチレン製の袋は全て“Plastic Bag”で通じますが、前述のようにレジ袋は“Plastic shopping Bag”にするとより通じやすくなります。

「レジ袋」にまつわる英語接客フレーズ

Would you like a plastic bag?
ペットボトル飲料などすぐに使用するものを購入された時、またはレジ袋は有料の場合に「レジ袋はご利用ですか?」とお客様にレジ袋の有無をおうかがいする英語フレーズです。
Do you have a bag?
「マイバッグはお持ちですか?」とお客様におうかがいする英語フレーズです。最近では、“eco bag“(エコバッグ)でも通じるようになりました。
There’s a charge for plastic carrier bags.
外国人のお客様の中には、日本のレジ袋はどこでも無料でもらえる、と思っている方も少なくありません。「レジ袋は有料です」と伝える時に使う英語フレーズです。

【英語接客フレーズは覚えるのが大変】翻訳機を使ってみる

ここまで、レジ袋にまつわる接客英語フレーズをご紹介しましたが、レジ袋に関わらず、お金を扱うレジ業務では、スピードと精確さが重要です。

また、お客様の使う言葉は、英語だけではありません。中国語での「レジ袋」の言い方や、ハングルでの言い方も知っておいた方が良いですよね。

つまり、素早く、精確なたくさんの言語を使いこなせることが理想になるでしょう。

「でも、すべて覚えられない。」という私たちには、翻訳機がおすすめです。

例えば「POCKETALK(ポケトーク) W」は、起動が早く、精確な翻訳で、74か国語の音声でお客様に「レジ袋は必要ですか?」とお聞きできる翻訳機です。

これ1台あれば、外国の方への接客は安心です。是非ご検討してみてくださいね。

参考:接客業の間で評判の良い翻訳機「POCKETALK W」の値段と特徴

レジ袋のシステムやサービスを英語で積極的に伝えよう

レジ袋に関する説明を英語で正確に伝える方法をご紹介しました。ここでポイントをおさらいしましょう。

  • レジ袋の別名である「ビニール袋」に従って“vinyl bag”と訳すと、全く違う意味になる。
  • レジ袋の正しい英語表現は“plastic shopping bag”
  • レジ対応をしながらレジ袋を英語で説明しようとすると、お客様を待たせてしまうなどトラブルにつながる可能性もあるため、翻訳機が1台あれば安心。
  • レジ袋を正確に英語で伝えられる翻訳機選びのポイントは、起動の早さ、高い機能性、双方での会話が可能の3つ。
  • おすすめの翻訳機は、起動の早さ、多言語対応と長文翻訳が得意な「POCKETALK W」。

以上を踏まえれば、レジ袋の説明を英語で正確にできるようになります。
POCKETALK Wをみてみる

TOP