接客英語のミカタ

「何かお探しですか」を英語で伝えるための基本パターン

「何かお探しですか」は、販売店で接客をする場合に頻繁に使われる言葉の一つです。接客の場面では、お客様として来店された外国人の方に、英語で「何かお探しですか」と声かけをする場面があるかもしれません。

「何かお探しですかを英語で表現するにはどうすればよいのだろう」と考える人のために、今回は「何かお探しですか」の英語パターンを紹介します。

あわせて、表現が難しい言葉でも慌てずに対応するために、あると便利なツールとして翻訳機について紹介していきます。

「何かお探しですか」の英語のパターン

「何かお探しですか」を英語で表現する場合、次のようなパターンがあります。

Are you looking for something?
「何かお探しですか?」を表現するパターンです。来店して明らかに何かを探している場面で声をかける際に使われます。
Can I help you find something?
「何かお手伝いしましょうか?」というように、探しているものを尋ねるだけでなく、一緒にお探ししましょうか?というサポートの気持ちを含めたニュアンスがあります。

このような英語表現を覚えることで、英語での接客も少しは安心することができます。しかし、外国語での接客を安心して行うためには「翻訳機」の導入をオススメします。

「何かお探しですか」以外の英語接客も翻訳機なら安心して対応できる

接客では、多くの人と接する機会が多いため、基本パターンだけでは対応しきれないイレギュラーな場面が想定されます。お互いにストレスを感じることなく、スムーズなコミュニケーションを図るためには、お客様の言語で会話ができるのがベスト。

しかし、外国語をマスターするのは簡単なことではありません。そんな時に心強いのが翻訳機です。外国語を自分の言語に翻訳できるため、外国語をマスターしていなくても相手の言葉が理解できます。

翻訳機のおすすめポイントはたくさんあるのですが、特に接客業での利用でオススメしたい理由は、

「対応言語数が多いこと」です。

今回の記事では英語での表記しか説明していませんが、英語以外の外国語で対応しないといけない場合もあります。その時には翻訳機があることでスムーズなコミュニケーションが取れます。

今後、日本のインバウンドの活発化により、接客業には大きな影響があります。ぜひ翻訳機の導入を検討してみてください。

翻訳機の性能と選び方についての記事も参考にしてください。

オススメ翻訳機をチェック

基本的な英語接客の対策はPOCKETALK(ポケトーク)Wで安心できる

ここまで翻訳機の紹介をしましたが、数ある翻訳機の中でも「POCKETALK W」という翻訳機がオススメです。

POCKETALK Wは2018年9月に発売されたばかりの最新機種で、明石家さんまを起用してのテレビCMも話題になっています。

では、なぜこの翻訳機が接客業でオススメかというと、

74言語にも及ぶ業界トップクラスの対応言語数の多さがあるからです。

接客業で「対応言語数の多さ」の重要性は先ほど説明した通りで、POCKETALK Wはさらに「翻訳精度の高さ」と「双方向翻訳」も兼ね備えています。

この3つの機能があるだけで、外国語での接客に安心して臨むことができます。

ポケトークの評判や他の便利な機能を参考に利用を検討してみてください。

まとめ|「何かお探しですか」の英語フレーズと表現に困った時の対応方法

販売店などで使われることが多い「何かお探しですか」の英語表現について紹介しました。翻訳機があれば基本パターンだけでは伝えるのが難しい細かいニュアンスまで伝えることができます。

ここで今回のポイントをまとめてみます。

  • 「何かお探しですか」は、“Are you looking for something?”や“Can I help you find something?”で表現できる
  • 外国語で表現が難しい言葉に対応するためには、翻訳機があると安心
  • 翻訳機を選ぶなら、74言語に対応し、長文翻訳が得意で双方向会話ができる多機能なPOCKETALK Wがオススメ

英語など外国語で表現が難しい言葉は、あらかじめ学習しておくだけでなく、翻訳機を準備しておくことで、イレギュラーな場面でも慌てずに対応が可能です。
POCKETALK Wの詳細

TOP