接客英語のミカタ

飲食業が知っておくべき、英語で「アレルギーはありますか?」の尋ね方

近年では、若い人を中心に食品アレルギーのある人が多いですが、外国人観光客でもそれは例外ではありません。飲食関係で働いている方は、「アレルギーの有無について英語でも尋ねられるようにしておきたい」と考える方も多いでしょう。

ここでは食品を扱うショップやレストランのスタッフなら知っておきたい、「アレルギーは何かありますか」というフレーズについてご紹介したいと思います。

英語の「アレルギーは何かありますか?」のパターンをご紹介

では、お客さんに「アレルギーはありますか?」と聞くときに使えるフレーズを紹介していきます。

とその前に、この「アレルギー」を尋ねるときにいちばん重要なのは「アレルギーの発音」です。
アレルギーは英語で「Allergy」ですが、

正しい読み方はカタカナで表すと「アラジー」です。「アレルギー」は和製英語ですので、日本人にしか通じませんので注意が必要です。

では実際のフレーズを見ていきましょう!

フレーズ(1)Do you have any allergies?
このフレーズは、英語から直訳すると、「アレルギーは何かありますか?」。これはとてもストレートな表現ですので、シンプルに意味が伝わるフレーズです。
フレーズ(2)Are you allergic to any medications?
直訳すると「あなたは、医学的に何かアレルギー体質ですか?」といったニュアンスになります。ちょっと気取った言い方かもしれないですね。
フレーズ(3)Do you not have any allergies to flour or eggs?
英語に訳すと、「小麦や卵アレルギーはないですか?」となります。「アレルギーは何かありますか?」の変化型となります。このフレーズは伝わらないと命に関わることになりかねませんので、注意が必要です。また、wheat or eggs(小麦や卵)を他の食品に置き換えることで、バリエーションが作れます。

英語で会話するのが不安...それなら翻訳機を導入がおすすめ

伝えたい意味が確実に伝わる

例えば「アレルギーは何かありますか?」というフレーズは、「アレジー」という、アにアクセントを置いた発音が決め手です。

これが聞き取ってもらえずに会話が成り立たない場合、もし相手にアレルギーがあったら、命に関わる問題も起こり得ます。

そのため、自らうろ覚えの英語で会話するよりは、確実に自分の思ったことが伝わる翻訳機を使うのがおすすめです。

時間をかけずにパッとコミュニケーションが取れる

外国語を話したい時、もしくは伝えたい時にパッと出してすぐに使えるのが翻訳機の良さでもあります。起動も早く、翻訳してもらいたい言語の設定をして自分の音声を入れれば、それが相手の国の言葉となります。

よって、すぐに伝えたい時にぴったりの翻訳機です。しかも言葉をクラウドに送って翻訳しますので、長いフレーズも訳してくれます。

また、小さな翻訳機が即座に発声することで、外国人観光客に驚きを与えることができ、そこからコミュニケーションが生まれ、お互いに異言語で話すことの緊張もほぐれます。

価格は少しお高め。それでも長期的にはお得

現在は昔よりも全体的に翻訳機の値段は下がってきたようです。一般的な翻訳機は機種にもよりますが、いまでは25,000円ほどの価格帯で購入できます。

多機能である翻訳機「POCKETALK(ポケトーク)W」は、標準価格が24,800円(税抜)とやや高価です。

今、この翻訳機を購入しておけば、東京オリンピックを控え、これからますます外国人観光客が増えて、英語を話す機会も今以上に増えることが予想され、大活躍してくれるでしょう。

高価な「POCKETALK W」ですが、ちょっとがんばって初期投資をしても、長期的に見ればお得だと言えます。また、使っているうちに外国語に興味を持ち、自分の勉強にもなるかもしれません!

「アレルギーは何かありますか?」を正しく尋ねよう!

ここでは、食品系の仕事に携わる人が覚えておきたい英語の言い回し、「アレルギーは何かありますか?」のバリエーションと、さっと出してすばやく起動し74もの言語で翻訳をしてくれる、クラウドベースの翻訳機「POCKETALK W」をご紹介しました。

  • 「アレルギーは何かありますか?」の英語フレーズ3つ
    ・Do you have any allergies?
    ・Are you allergic to any medications?
    ・Don’t you have allergic to wheat or eggs?
  • 「アレルギーは何かありますか?」などの質問は、間違って伝わると結果的にお客様の体に悪影響を及ぼす可能性があるため、確実に自分の言葉を翻訳してくれる翻訳機の利用も検討しよう。
  • 翻訳機「POCKETALK W」はマイナーな言語を含む74言語もの言葉に対応しているため、大抵の国の言葉はカバーできる。

以上のことから、初期投資としては高価な「POCKETALK W」ですが、増え続ける訪日外国人に対応して大活躍してくれることが期待されますので、長い目で見ればお得だということができます。

ぜひ、便利な「POCKETALK W」を手に入れてみてはいかがでしょうか。
POCKETALK Wの詳細をみてみる

TOP