接客英語のミカタ

外国人にトイレをきれいに使ってほしい!英語の注意書きの書き方

お店でお客様にトイレをきれいに使ってもらうためには、トイレの注意書きが有効です。ただ、外国人がよく来店されるお店では、「日本語の注意書きでは読んでもらえないので、英語でも書いておきたい」と考えている方も多いでしょう。

お店側としては、トイレはきれいに使ってほしいものですが、上手にコミュニケーションが取れていないと、なかなか難しいというケースもあります。英語での注意書きをトイレに貼っておけば改善されることもあるでしょう。

この記事では、トイレをきれいに使ってもらうための注意書きの書き方をご紹介します。

英語での『トイレの注意書き』の書き方

ではまず、きれいに使ってもらえるようにお願いする表現で注意書きを書いてみましょう。英語では、「Please keep the restroom clean.」と表現すると、「トイレをきれいに使ってください」と丁寧にお願いしている伝え方ができます。

便器にいろいろなものを流して詰まってしまうことが多くて困っているという場合なら、「Please do not throw any refuse or waste in toilet.」と記して、「廃棄物やごみを便器に流さないでください」という注意を促すことができるでしょう。

あるいは、使用後にトイレをちゃんと流してくれないことが多いというケースなら、「please flush the toilet after use」という注意書きを掲げて、「使用後は水を流してください」と、丁寧に頼んでみるのか有効かもしれません。

注意書きに書いていることに従ってもらうためには、こちらの感謝の気持ちを含めるとより効果的でしょう。

ですから、「Thank you for keeping our restroom clean.」と書くなら、「トイレをいつも綺麗に使っていただき誠にありがとうございます。」という気持ちを込めた注意書きにすることができます。

英会話が苦手な人は「翻訳機」を使うことも検討しよう

指をさす女性
ここまでトイレの注意書きでよく使用される基本的な英語表現をいくつか紹介しました。しかし、英語の注意書きを用意するだけでは外国人のお客様に対応しきれない可能性があります。

というのも、トイレは国によって構造や使い方が異なり、外国人のお客様が日本での正しい利用方法を知らなかったがゆえにトラブルに繋がることが多いからです。「トイレがつまった」「便座が壊れた」といったトラブルが発生した際には、日本語以外でのコミュニケーションが必要となるかもしれません。

そんなときは、音声翻訳機の使用をおすすめします。

翻訳機を使用すれば、

お互いの伝えたいことを瞬時に翻訳してくれるので、相手の言語を話すことができなくてもスムーズにコミュニケーションをとることができます。

トラブルへの対応以外にも、トイレの使用方法に関する質問を受ける可能性も考えられます。その場合でも、翻訳機が手元にあれば安心ですね。

翻訳機には他にも様々な魅力があります。もっと詳しく知りたい方はぜひ、こちらの記事を読んでみてください。
翻訳機の性能は良い?精度の高い翻訳機の選び方と人気の製品を比較!

トイレの注意書きとスムーズなコミュニケーションで質のよいサービスを

すべてのお客様に気持ちよく使ってほしいトイレですから、外国人のお客様へのメッセージも大切です。きれいに使ってもらうための簡単なフレーズを英語でも記しておきましょう。

また、さらにきめ細かいサービスのためには「POCKETALK(ポケトーク)W」を活用していくのが近道です。

  • トイレをきれいに使ってもらうための英語を使った注意書きは、含めるニュアンスによってさまざまな書き方が考えられる
  • 決まった文章の注意書きだけでは、さまざまなケースへの対応ができない
  • とっさの会話にも簡単に対応できる翻訳機を用意しておけば、お店側だけではなく外国人のお客様にとってもコミュニケーションをとりやすいというメリットがある。
  • 多言語対応・双方向翻訳のPOCKETALK Wなら外国人のお客様とのスムーズなコミュニケーションが可能

ぜひお店に1台導入してみて、POCKETALK Wのさまざまな機能でサービス向上して、売り上げアップを目指してください。
POCKETALK Wの詳細をみてみる

TOP