接客英語のミカタ

飲食店やアパレルにて韓国語で接客するのに使えるフレーズ

「韓国語を学んだことがないので韓国人のお客様との接客は不安...」
「少しでも自信をもって接客したいので基本的なフレーズはおさえておきたい」

日本にもともと住んでいる韓国人の方も多いですが、観光として日本を訪れている韓国人も多いです。日本政府観光局の調べによると2016年には訪日韓国人2404万人が2017年には2869万1千人と約19.3%も増加しています。

この動きに備えて韓国語での接客も最低限はできるようになりたいものです。

そこでこの記事では、韓国人のお客様が来られたときに飲食店やアパレルでの接客に使えるフレーズとその他おすすめの接客方法を紹介します。

飲食店で使える韓国語の基本接客フレーズ

入店時

いらっしゃいませ
어서 오세요.(オヨ オセヨ)

まず、レストランやカフェなどの飲食店に韓国語を話すお客様が来店されたなら、韓国語でご挨拶をしましょう。「어서 오세요.(オソ オセヨ)」と言って、「いらっしゃいませ」と伝えることができます。

座席案内時

お席までご案内します
좌석까지 안내합니다.(ザソクカジ アンネハムニダ)

何名のご来店なのか確認できたら、接客スタッフが「お席までご案内します」と言って、空いている席までご案内しますよね。

韓国語では、「좌석까지 안내합니다.(ザソクカジ アンネハムニダ)」と表現します。その一言を入れてから席までお連れしましょう。

注文時

こちらがおすすめのメニューになります
이것은 추천 메뉴입니다(イゴスン チュチョン メニュイムニダ)
こちらが人気メニューになります
이것은 인기 메뉴입니다(イゴスン インキ メニュイムニダ)

旅行者の中には、外国の土地の食べ物は分かりづらかったり、口に合うかどうか不安に思ったりすることもあるでしょう。

旅行の楽しみは「食」というぐらい期待をふくらませている方もおられるので、ここで店の自慢のおいしい一品や、人気のメニューを紹介しましょう。

その時に「이것은 추천 메뉴입니다.(イゴスン チュチョン メニュイムニダ)」と言います。「こちらがおすすめのメニューになります」という意味です。

もしくは「こちらが人気メニューになります」という意味の「이것은 인기 메뉴입니다.(イゴスン インキ メニュイムニダ)」と言うこともできます。

アパレルで使える韓国語の基本接客フレーズ

こんにちは、いらっしゃいませ
안녕하세요, 어서 오세요.(アンニョンハセヨ オソオセヨ)
何かお探しですか
뭔가를 찾고 계십니까.(モンガ チャッコ ケシムニカ)
ごゆっくりごらんください
천천히 보세요.(チョンチョニ ボセヨ)

アパレル関係の店で働いている方もお客様の入店時には、「こんにちは、いらっしゃいませ」と言ってお客様を迎えますよね。

韓国語を話すお客様には「안녕하세요, 어서 오세요.(アンニョンハセヨ オソオセヨ)」と笑顔で挨拶しましょう。海外において、自国の言葉で挨拶されるのは、私たちが想像する以上に喜ばれるものです。

海外からのお客様の中には、買いたいお目当てのものがあって来店される方も多いですが、意外と見つけられなくて困っている方も多いものです。

そういう時にすかさず「何かお探しですか」という意味の、「뭔가를 찾고 계십니까.(モンガ チャッコ ケシムニカ)」と問いかけ、探している商品の在庫があるのか確認したりしてスムーズな商品探しのお手伝いができます。

ほんの一言を韓国語で表現するだけで、お客様が商品を見つけられず帰ってしまうという残念な結果を防ぐことができるかもしれません。

 「ごゆっくりごらんください」と一言かけてもらえると嬉しいものです。韓国語では「천천히 보세요.(チョンチョニ ボセヨ)」と言います。

韓国語で接客するのが不安な方におすすめの方法

ここまで基本的な韓国語での接客の基本フレーズをご紹介しました。韓国語は英語などと違い発音も分かりづらい上に、もしお客様から返答や質問があった場合、覚えた基本フレーズだけでは対応は難しいでしょう。

そんな時にオススメなのは翻訳機を使って接客する方法です。翻訳機を使って接客することで得られるメリットは

韓国語を覚えていなくても通常の会話のような接客ができることです。

音声翻訳機なら韓国語を学習したことがなくても大丈夫です。翻訳機に向かって話しかけるだけで、翻訳機が人間に代わって自動翻訳し、韓国語で発声してくれます。

「いらっしゃいませって韓国語でなんて言うっけ?」と考えている時間も無くなり、すぐ返答できるようになります。

翻訳機を使うならPOCKETALK(ポケトーク) Wがおすすめな2つの理由

今日本で販売されているものには様々な種類がある音声翻訳機ですが、韓国語で接客するのにおすすめな翻訳機は「POCKETALK(ポケトーク)W」です。

なぜ飲食店やアパレルでの韓国語での接客に「POCKETALK W」がおすすめなのか紹介します。

良く使う接客用語も含め履歴に残せる

例えば飲食店では「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」や「お席までご案内します」など頻出な接客用語があります。これを毎回翻訳機に聞きとらせ、翻訳させるのは多少面倒にもなります。

「POCKETALK W」であれば会話内容の履歴を1万件残すことができるため、お客様に違和感なくスピーディーな接客が可能です。

人ごみでも快適に会話できる

翻訳機の中では人ごみで騒がしいと自分の話を聞きとってくれなかったりする翻訳機もあります。しかしこの「POCKETALK W」であればその心配はいりません。理由はこの2つです。

  • 大音量のスピーカーを内蔵している
  • →人ごみの中でも翻訳内容を聞き取りやすい

  • ノイズキャンセル搭載のデュアルマイクを搭載している

→人ごみの中でも人の声を認識してもらいやすい

これによってお客様の多い飲食店や繁盛しているアパレル店でも安心して使用することができます。

POCKETALK Wを見る

韓国語の接客基本フレーズを覚えてお客様の満足度向上を目指そう

今回は、韓国語での接客の基本フレーズを、飲食店やアパレルの現場を例にしてご紹介しました。

ただ、どの業種業界の接客でも良く使う韓国語は「いらっしゃいませ」です。

  • 어서 오세요.(オヨ オセヨ)→いらっしゃいませ。こんにちは。
  • しかし飲食店であれば「お席にご案内します」と言ったり、アパレルであれば「何かお探しですか」と言ったり頻出接客フレーズも大きく異なります。

    そのため、ただそのままフレーズをおさえるだけでは難しいこともあります。そんな時には翻訳機、中でも「POCKETALK W」を使えば安心です。
    「POCKETALK W」であれば他機種と比べていいメリットが2つあります。

    • 履歴機能が使える
    • 人ごみでも問題なく翻訳してくれる

    自分で韓国語の接客フレーズを学ぶことも良いですが、より効率よく自信をもって韓国語で接客できるようになりたいなら、「POCKETALK W」を試してみましょう。
    POCKETALK Wを見る

    TOP