接客英語のミカタ

セラピストの接客に必要な英語の基本フレーズを紹介

訪日外国人の増加により、多くの外国人観光客が訪れる昨今。観光地や飲食店だけでなく、旅行の合間にリラックスするために、リラクゼーションサロンなどを利用する外国人が増える可能性も考えられます。

接客するときの英語のフレーズを勉強したい」という人のために、今回はセラピストとして接客をする際に役に立つ基本フレーズをご紹介します。また、イレギュラーな場面に備えて、用意しておくと便利な翻訳機についても紹介していきます。

セラピストの接客の基本フレーズ|入店

サロンに入店したお客様をお出迎えする際の基本フレーズを紹介します。

Hello. Welcome!
こんにちは。いらっしゃいませ!
Do you have a reservation?
ご予約されていますか?
Can you tell us your name?
お名前を聞かせていただけますか?
Let me carry your luggage.
お荷物をお持ちいたしましょうか。
Please keep your valuables with you.
貴重品は、お持ちくださいませ。

セラピストの接客の基本フレーズ|マッサージ中

お客様のカウンセリングやマッサージの施術中に使えるフレーズを紹介します。

Would you like to either of the course?
どちらのコースになさいますか?
Is there anywhere on your skin that's bothering you in particular?
お肌で気にされているところはございますか?
Please lying face down on the bed.
ベッドにうつ伏せになってください。
Please lying on his back.
仰向けになってください。

セラピストの接客の基本フレーズ|退店

施術後から会計、お見送りなどお客様が退店されるまでのシーンに使えるフレーズを紹介します。

It's done. Thank you very much.
終了です。お疲れ様でした。
Thanks.
ご利用ありがとうございます。
Would you like to pay in cash? Or you like to pay by card?
現金ですか、それともカードがよろしいでしょうか?
Please sign in here.
こちらにサインしてください。
Here’s your change and receipt.
お釣りとレシートでございます。
Thank you for coming. Good night / good a day!
ご来店ありがとうございました。おやすみなさい/よい一日を!
Please come again soon.
またのご利用をお待ちしております。

セラピストの接客が不安なら翻訳機を導入すると良い

接客業では特定の人だけではなく、さまざまな人と接する機会が多くなります。

とくにセラピストは施術中にお客様の状況を把握する必要があるため、「特にどこがお疲れですか?」や「体の調子はいかがですか?」など、お客様を気遣う会話が大切。

状況に応じた対応が必要になるため、基本のフレーズだけではうまく意思疎通が図れない場面も考えられます。

お店に通訳できる人がいればベストですが、必ずしもそうではないのが現実。そんな時に心強いのが翻訳機です。お客様の話す言語を自分の言語に変換できるため、イレギュラーな場面でも慌てずに対応できます。

ここでは翻訳機を選ぶ際の3つのポイントを紹介していきます。

ポイント1:性能の良さ

翻訳機の役割は、外国語を自分の言語に翻訳すること。翻訳機を通すことで外国語が理解できなくても、自分の言語として何を話しているのかを理解できます。

接客業の場合、さまざまな国の外国人を相手にする可能性があるため、対応している言語が多い翻訳機を選ぶと安心。英語だけでなく、中国語やフランス語、韓国語などさまざまな言語に対応していれば、幅広い場面で活用できます。

ポイント2:会話ができる

外国人とスムーズにコミュニケーションをするためには、翻訳機を通して会話ができることが大切。相手の言語だけでなく、自分の言語を相手の言語に翻訳できれば、一方だけでなく、お互いに伝えたいことを理解でき、会話が成り立ちます。

また、一度に長文を翻訳できる機能があれば、短文よりも細かいニュアンスまでしっかりと相手に理解してもらえます。

ポイント3:値段

翻訳機の相場は2万円前後から高いものでは5万円前後と、さまざまな価格帯で販売されています。

考え方の一つとして、例えば、月謝1万円の英会話教室に通ったとしても、スムーズな英会話ができるまでには何カ月もの時間が必要です。単純に半年かかったとしても、月謝だけでトータル6万円は支払っていることになります。

5万円の翻訳機を買った場合、すぐに外国人とコミュニケーションが取れます。さらに、多言語を翻訳できるものであれば、5万円で何カ国もの言語でコミュニケーションが可能になります。たとえ5万円の翻訳機を購入したとしても、長い目で見れば決して高い買い物ではないと考えられます。

セラピストの接客での翻訳機ならポケトーク Wがおすすめ

翻訳機選びで迷った方におすすめしたいのがポケトーク Wです。74言語に対応し、長文翻訳や会話ができる双方向にも対応しているなど、機能性も抜群。ここでは、ポケトーク Wについて詳しく紹介していきます。

長文翻訳が得意

ポケトーク Wは短文だけでなく、長文翻訳が得意。

例えば、「東京タワーまで行きたいので、タクシーを呼んでください」という日本語もポケトーク Wを通せば “Please call me a taxi because I want to go to the Tokyo Tower.”と一瞬で英訳できます。

クラウド上で最適な言語エンジンを用いて翻訳しているので、長文でも高精度で翻訳できます。

対応言語数は74言語

ポケトーク Wは74言語という多言語に対応。英語はもちろん、フランス語や中国語、ベトナム語やアラビア語など幅広い言語に対応しています。翻訳機の中には英語、中国語、フランス語など3言語程度しか対応していないものもあります。

ポケトーク Wのように多数の言語に対応していれば、英語圏以外の外国人の方への接客の際にも慌てずに対応できます。

双方向

ポケトーク Wではお互いの言語を翻訳する双方向のコミュケーションに対応。例えば英語から日本語だけでなく、日本語から英語にも翻訳できるため、お互いの言語を理解し会話を楽しめます。

イレギュラーな場面が想定される接客のシーンでも、お客様とのスムーズなコミュニケーションが実現できます。

基本フレーズで対応できない場面は翻訳機にお任せ

ここまでセラピストとして接客する場合に役立つ、お客様が来店してからお見送りするまでの基本的な英語のフレーズを紹介しました。ここで今回のポイントをまとめてみます。

  • セラピストとしてお客様が入店してから施術、お見送りまで基本的な英語のフレーズを覚えておくと便利。
  • セラピストは施術中など状況に応じてお客様を気遣う言葉や意思疎通が必要になります。英語に慣れていない場合や、英語以外の外国語に対応するために翻訳機を用意しておくと安心。
  • 74言語に対応し、長文翻訳が得意で双方向会話ができるポケトーク Wならスムーズなコミュニケーションが図れる。

ポイントを押さえて準備しておけば、外国人の方への接客の際のイレギュラーな場面でも慌てずに対応できるようになります。
ポケトーク Wの詳細をみてみる

TOP