接客英語のミカタ

翻訳機の性能の解説と機能の充実度で選ぶ人気の翻訳機を紹介

翻訳機とは言っても英語しか翻訳できないんじゃないの?」「本当に通じるの?」など、翻訳機の性能について疑問を持つ人は少なくないでしょう。せっかく購入するならば、幅広く対応できて、使い勝手が良いものがいいですよね。

そこで今回は、翻訳機の性能とおすすめの機種についてご紹介していきます。

翻訳機の性能

翻訳機とは、ある言語をほかの言語に換えるための機械のこと。日本語を英語や中国語などに変換して言葉を理解したり、意思疎通を図ったりするために使用するものです。

翻訳機の性能の高さを物語るのは、目の前の人と困らずに話ができるかどうかです。まずは翻訳機の性能について解説しましょう。

会話に困らない

手のひらサイズの小さな機械が1つあるだけで、言語の異なる国の人々もスムーズに会話をすることができるようになるため、現在ではさまざまなメーカーから多くの翻訳機が販売されています。

海外旅行やビジネス、語学学習など、さまざまな利用シーンを想定して開発されており、子どもから大人まで幅広い年代の人々が目的に応じて機種を選べるようになっています。

対応している言語は英語だけでなく中国語や韓国語はもちろん、タイ語やベトナム語など、多いものでは1台で50以上の言語を翻訳できるものもあります。

また、翻訳機に内蔵された辞書を使ってオフラインで翻訳を行うものや、Wi-FiやSIMを利用してオンラインで利用するものもあります。後者の場合、クラウド上の膨大なデータをもとに処理されるため翻訳精度が非常に高くなります。

翻訳機を持つことで、さまざまな言語の人々とスムーズにコミュニケーションをとれるようになるでしょう。

その場で翻訳をしてくれる

入力した言語をその場でほかの言語に翻訳してくれることも、翻訳機の注目すべき性能の1つです。

電子辞書で単語を調べて文章を自分で作るとなると、時間がかかって会話が途切れてしまったり、そもそも文法が間違っていて伝えたいことが思い通りに伝わらなかったりすることもあるでしょう。しかし、翻訳機を使用すれば、瞬時に相手の言語に変換することが可能になります。

機種にもよりますが、翻訳機に向かって話しかけるだけで音声入力ができ、翻訳したものを音声出力してくれるなど、簡単に使用できるものもありますので気軽に使用できるでしょう。長文の翻訳に対応している機種ならば、よりスムーズな会話が可能です。

翻訳機を使うと便利なシュチュエーション

さまざまな利用シーンが見込める翻訳機。使用することでより便利になるシュチュエーションについてご紹介します。

外国人接客

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けてより多くの外国人観光客が日本を訪れることが予想されます。そのため、接客などで外国人と接するケースも増えるでしょう。

仕事ですから、「日本語以外は受け付けられません」というわけにはいきませんし、何よりお客様の要望を正確に把握して対応することが重要です。そんなときに翻訳機を使えば、さまざまな言語を理解してお客様に応えられるようになるでしょう。

海外旅行

ハワイやグアムなど人気の観光地では日本語が通じるケースもありますが、海外旅行先では日本語が通じないことがほとんどです。国によっては英語が通じないこともあるでしょう。

「慣れない場所で道に迷ってしまった」「レストランやホテルなどでスタッフに注文したい」などといった場面で、翻訳機を使ってスムーズに意思疎通を図ることができれば、トラブルを避けることが可能になります。

翻訳機として一番性能がいいのはPOCKETALK W

翻訳機と一口に言っても、さまざまなメーカーから多くの翻訳機が販売されており機能もまちまちです。数ある翻訳機の中でも対応言語数が多く、高性能で人気の高いものを選びたいならば、「POCKETALK W(ポケトークW)」がおすすめです。

対応言語数

POCKETALK Wの対応言語数は74言語であり、その中から任意の2言語を選択して双方向のコミュニケーションが可能です。

つまり、日本語をほかの言語にするだけでなく、選択する言語を英語と中国語にすれば、外国語同士の会話に使用することもできるのです。

ほかの機種に比べ圧倒的な対応言語数の多さを誇るPOCKETALK Wならば、会話の自由度がグンと上がるでしょう。

音声翻訳と同時に文字翻訳も可能

タップしてPOCKETALK Wに話しかけるだけで、伝えたいことが瞬時に相手の言語に翻訳され、音声と文字で確認することができます。

ノイズキャンセル機能が搭載されたデュアルマイクが音声を正確に聞き取り、翻訳した内容をダイナミックスピーカーがクリアな音声で発します。そのため、人ごみの中や騒がしい場所でも使用可能です。

翻訳された音声を相手が聞き取れない場合には文字で確認することもできて便利です。

会話も可能な長文翻訳

「超小型“通訳”機」ともいわれるPOCKETALK Wは、長文翻訳にも対応しています。翻訳例を挙げてみましょう。

荷物が見つからないのですが、どちらに行けばよろしいでしょうか。
我找不到行李,要往哪里去?(中国語)
チケットは再入場するときに必要になりますので、なくさないようご注意ください。
The ticket will be necessary for re-entering, so please be careful not to lose it.

など、長文でも正確に翻訳することができるため、POCKETALK Wを使って会話を続けることも可能です。

翻訳機を使用して言葉の壁を取り払おう

本記事のポイントをまとめます。

  • 翻訳機の性能で大切なのは、「会話に困らない」「その場で翻訳できる」かどうか
  • 2020年に向けて日本を訪れる外国人観光客が増え、仕事で外国語に接する機会も増えると予想される
  • 翻訳機を使用することで、トラブルを避けるだけでなく、さまざまな人と意思疎通を図れる
  • 翻訳機を選ぶならば、さまざまな場面で対応できるよう多くの機能を備えているPOCKETALK Wがおすすめ

翻訳機は想像以上に高い精度でさまざまな言語を翻訳してくれます。その便利さから注目を集め、多くのメーカーからさまざまな機種が販売されていますが、翻訳精度や対応言語数は機種によってさまざまです。

翻訳機を選ぶ場合は、使用目的やシュチュエーションに応じて必要な機能を持ったものを見極めることが大切です。幅広く対応できる翻訳機としてPOCKETALK Wがおすすめです。
POCKETALK Wの詳細をみてみる

TOP